【画像つき】hao123の削除(アンインストール)方法を解説

ある日突然、インターネットを見ようとしたらブラウザの画面が変わっている事があります。

そういった事態を巻き起こすサイトの中に「hao123」があります。

今回は「hao123」とは何者で、どんな危険があるかをご説明すると共に、設定の戻し方や問題あるソフトの削除方法について、画像つきでご案内します。

「hao123」とは何?

「hao123」は中国系のIT企業「百度(Baiduと読みます)」が運営するサイトで、Yahoo!やGoogleと同じような検索を行ったり、インターネット上の様々なウェブページを紹介する「ポータルサイト」と呼ばれるページです。

「hao123」そのものは大手の有名なポータルサイトで危険性はないという評価がされているものの、冒頭のように個人のパソコンの画面を変えてしまうような迷惑な宣伝方法を使うなど、日本や欧米から見ると倫理に欠ける手法が目立つ企業でもあります。

ブラウザの画面が変わっています

ブラウザの画面が変わっています

「hao123」はどこから来た?

「hao123」は、別のソフトのインストール時に同時に設定されます。

インストール中の画面のあまり目立たないところに「hao123をトップページにしますか?」という質問が書かれており、初期状態でチェックが入っています。

質問を読まずにOKの連打でインストールを進めてしまうと、同意したとみなされて画面の設定が変わってしまうのです。

現状、「hao123」の侵入を防ぐには、フリーソフトのインストール時に案内の文面を良く読み、同意できない項目の「同意する」のチェックやボタンを押さないように気をつけるしかありません。

「hao123」の危険性

先ほども触れましたが、「hao123」そのものは大手のサイトであり、セキュリティソフトなどから危険なサイトであるという判定は下されません。

しかし、「hao123」を運営する百度は、不要なソフトや設定を他のフリーソフトに紛れ込ませてインストールさせる他、「Baidu IME」というソフトではユーザが入力していた情報を自社に無断で送信していた過去もあり、信用度の低さが否めない企業です。

この記事をご覧になっている方は、実際に画面が変わってお困りと思います。

元に戻してしまって問題ありません

「hao123」の画面が不要な場合は、設定を元に戻してしまいましょう。

これから、手順をご説明していきます。

「hao123」の画面を元に戻す方法

「hao123」に変わってしまったブラウザの画面を、元に戻す手順をご説明します。

Microsoft Edgeの場合

お使いのブラウザがWindows10に最初から入っているMicrosoft Edgeの場合は、Edgeの画面右上の「×」のすぐ下「…」の部分をクリックし、メニューの中から「設定」をクリックします。

設定

設定

全般というタイトルの画面になっていますので、「Microsoft Edgeの起動時に開くページ」というところを「スタートページ」に切り替えます。

Microsoft Edgeの起動時に開くページ

Microsoft Edgeの起動時に開くページ

続いて「詳細設定」をクリックし、下の方にスクロールすると出てくる「検索プロバイダの変更」をクリックします。

検索プロバイダの変更

検索プロバイダの変更

画面が変わっていると、この画面も「百度(Baidu)」に変わっている可能性があります。

もしそうなっていたら「Bing」を選びなおして「規定として設定する」をクリックすると元に戻ります。

Bingを選んで規定として設定する

Bingを選んで規定として設定する

一度Edgeを閉じ、もう一度開きなおすと元の画面に戻っています。

画面が元に戻りました

画面が元に戻りました

Google Chromeの場合

Google Chromeをお使いの場合は、Chromeの画面右上の「×」のすぐ下「…」が縦向きになっている部分をクリックし、メニューの中から「設定」をクリックします。

設定

設定

「起動時」をクリックし「新しいタブページを開く」に変更します。

起動時を新しいタブページを開くに変更

起動時を新しいタブページを開くに変更

「検索エンジン」をクリックし、「アドレスバーで使用される検索エンジン」が「百度」になっていないか確認します。

その場合には、「google」に変更すると初期状態に戻ります。

検索エンジンをgoogleに変更

検索エンジンをgoogleに変更

一度Chromeを閉じ、もう一度開きなおすと元の画面に戻っています。

画面が元に戻りました

画面が元に戻りました

原因となっているソフトの削除(アンインストール)方法

原因となっているソフトを探して削除(アンインストールと言います)する手順をご説明します。

また画面が変えられてしまう恐れがある

ここまでで画面の設定は元に戻せましたが、そもそもこの事態を引き起こしたソフトがまだパソコン内に残っている可能性があります。

そういったソフトが自動アップデートなどを行うと、そのついでにまた「hao123」の画面に変えられてしまう場合があります。

コントロールパネルへアクセス

画面左下のスタートボタンをクリックし、プログラムのリストの中にある「Windowsシステムツール」のフォルダにコントロールパネルがあります。

スタート→Windowsシステムツール→コントロールパネル

スタート→Windowsシステムツール→コントロールパネル

プログラムのアンインストールをクリックします。

プログラムのアンインストール

プログラムのアンインストール

「Baidu」製のソフトを探して削除

画面の中の「発行元」という部分をクリックします。

発行元をクリック

発行元をクリック

すると、ソフトの一覧が発行元の社名順に並びます。

アルファベット順で並んでいますので、Bから始まる「Baidu」が発行元のソフトは、不要であれば全てアンインストールします。

発行元がBaiduになっているソフトを全てアンインストール

発行元がBaiduになっているソフトを全てアンインストール

アンインストールは「アプリと機能」からでも行えます

ソフトのアンインストールは、スタートボタン→設定からアクセスできる「アプリと機能」でも行えます。

しかし、「アプリと機能」には発行元順に並び替える機能がなく、削除したいソフトを探す手間がかかりますので、今回はコントロールパネルの使用をおすすめしています。

アンインストールができない場合の対処法

もしアンインストール中にエラーが表示されて削除ができない場合は、強制的にアンインストールが可能な「RevoUninstaller」をご利用ください。

「RevoUninstaller」の使い方とインストール方法はこちらで解説しています。

「RevoUninstaller」の使い方とインストール方法

ネットには悪さをする大手企業もあるので注意です

インターネットは世界中にアクセスできる素晴らしい道具である反面、日本の常識とは全く異なる世界ともやり取りができてしまいます。

百度が行っている抱き合わせのインストールなどは、その迷惑さを世界中から非難されたこともあって徐々に減ってきてはいます。

しかし、儲け主義や自己中心的な倫理で動く企業はIT業界には多く、特に新興国では犯罪まがいの事をしてニュースになってしまう大手企業も存在します。

そういった悪意に巻き込まれた場合、必ずしもあなたの油断や自己責任とは責められません。ですが、自衛の為にもぜひ当ブログやメディアで情報収集していただければと思います。

かおるやでしたUo・ェ・oU

質問・相談は[email protected]からお願いします。

可能な限りサポートさせていただきます☺

[email protected]かおるや

「参考になった」と思った方はTwitterはてブでシェアいただけますと励みになります。

愛知県西部の方であれば、直接訪問してサポートすることも可能です。

お気軽にお電話ください。

※他エリアの方からの電話相談などは一切行っておりません。