【2018年版】ロリポップのワードプレスを無料で独自SSL化(https)する方法

【2018年版】ロリポップのワードプレスを無料で独自SSL化(https)する方法

<この記事の内容>

ロリポップ!のワードプレスを無料で独自SSL化(https)する方法です。

次の記事では、http→httpsの301リダイレクトまで載せる予定です。

これは備忘録なので、詳しい解説とかはありません。

今後の自分が迷わない(最短で終わらせれる)ために、ただ工程だけがつらつらと書いて(画像を載せて)あります。

<この記事を書いた理由>

色々ググったけど、どの記事も余計な説明が多く、逆に分かりづらいと感じた。

個人的にロリポップが一番設定しやすく、僕のメインサーバーでこれから何度も同じ作業を行うことが想定される=毎回ググるのめんどくさい→だったら自分で手順残しておけばいいじゃん!と思ったからです。

本題いきまーす。

【3分で終わる】ロリポップのワードプレスを無料で独自SSL化(https)する方法・手順

ロリポップ側の設定

まずはロリポップ側の設定をします。

この後、ワードプレス側でも設定が必要です。

では、ロリポップ!へログインしましょう。

【2018年版】ロリポップのワードプレスを無料で独自SSL化(https)する方法

ログイン→ユーザー専用ページ

右上の「ログイン」→「ユーザー専用ページ」の順にクリック。

 

【2018年版】ロリポップのワードプレスを無料で独自SSL化(https)する方法

セキュリティ→独自SSL証明書導入

左側のメニューから「セキュリティ」→「独自SSL証明書導入」をクリック。

 

【2018年版】ロリポップのワードプレスを無料で独自SSL化(https)する方法

チェックを入れて独自SSL(無料)を設定するをクリック

少し下へスクロールすると、登録されたドメイン一覧が出てきます。

SSLさせたいドメインにチェックを入れて(wwwあり、wwwなし、両方とも)、「独自SSL(無料)を設定する」をクリック。

 

【2018年版】ロリポップのワードプレスを無料で独自SSL化(https)する方法

SSL設定作業中に変わる

表示がSSL設定作業中に変わるので、しばらく放置です。その間にワードプレスの設定を変更しに行きましょう。

 

ワードプレスの設定を変える

管理者ページ(ダッシュボード)へ行きます。

【2018年版】ロリポップのワードプレスを無料で独自SSL化(https)する方法

設定→一般

左下の「設定」→「一般」をクリック。

 

【2018年版】ロリポップのワードプレスを無料で独自SSL化(https)する方法

sを付ける

WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」の両方とも、http「s」を付け加えます。

例)http://www.ose~.com → https://www.ose~.com

ただ「s」を付ける。それだけです。

で、下スクロールして「設定変更」をクリック。

で、ここで「設定変更」をクリックすると、サイトが表示されなくなります。

が、それは異常でも失敗でもエラーでもないので安心してください。

ロリポップのSSL設定が終わるまで少し待ちましょう。(日によってかかる時間は変わる。早いと数分で終わる)

ロリポップのSSL設定が既に終わっていれば、そのままログイン画面→ログインで、ダッシュボードに戻ってこれます。

何度か再読込(F5)を押してみれば良いでしょう。

で、無事SSL化が終わると…

【2018年版】ロリポップのワードプレスを無料で独自SSL化(https)する方法

httpsに変わってる

アドレスバーを見てみましょう。無事http→httpsに変わっています。

元のhttpの管理ページ(ダッシュボード)にはアクセスできなくなっているので、このページをブックマークし直しておきましょうね。

 

これにて、WordPressの独自SSL化設定は完了です。お疲れ様でした。

では、続いてhttp→https301リダイレクトさせましょう。そうしないとサイト評価が分裂してしまいます。

>>次の記事へ(作成中)

 

備忘録なのであしからず。かおるやでしたUo・ェ・oU

  業界最安値のロリポップでお得にサーバー契約をする >

\ 今なら10日間無料おためし /