パソコン(Windows10)にiTunesをインストールさせる方法が変わってたので解説します

今日気づいたのですが、パソコン(Windows10)版のiTunesが普通にやったらインストールできなくなっておりました。

Apple得意のWindowsへの嫌がらせかと思います。

ということで、簡単に解説しますね。

パソコン(Windows10)にiTunesをインストールさせる方法

Appleの公式サイトへGO

まずはAppleの公式サイトへ行きましょう。というか、「iTunes」でググって出てくるiTunesのTOPページに行きましょうか。

https://www.apple.com/jp/itunes/

右上のダウンロードをクリック

パソコン(Windows10とか)にiTunesをインストールさせる方法が変わってたので解説します

右上のダウンロードをクリックします。ここまで普通です。

パソコン(Windows10とか)にiTunesをインストールさせる方法が変わってたので解説します

で、現れるのがこいつです。なんかおかしい。「Windows用のiTunes」「Get it from Microsoft」とか書いてある。絶対変だ。

試しにクリックしてみると…

パソコン(Windows10とか)にiTunesをインストールさせる方法が変わってたので解説します

Windows Storeに飛ばされました。

これは、Windowsアプリ用のiTunesです。ふざけんな。

これじゃない!

ということで戻ります。

ちょっと下にスクロールして

で、さっきの画面でちょっと下にスクロールすると…

パソコン(Windows10とか)にiTunesをインストールさせる方法が変わってたので解説します

ほかのバージョンをお探しですか?

お前だよ!!探してたのは他の誰でもお前だ!!

 

こんなの絶対一般の人見つけれないでしょ。本当相変わらずAppleはWindowsユーザーをお客様だと思っていませんね。

というわけで、右側の「windows>」をクリックします。

で、もっかい上にスクロールして戻ると…

パソコン(Windows10とか)にiTunesをインストールさせる方法が変わってたので解説します

いた-!いつものやつだ!

 

ってことで「今すぐダウンロード」をクリックすればiTunesのダウンロードが始まります。

無事ダウンロードが終わったらインストールしてあげてください。以上です。

どうしてこうなった?

実はWindows10からは、ことあるごとにWindowsアプリを使わせようとしてくるんですよ。

で、どこ行ってもデフォルトでストアアプリがダウンロードされるようになってることがしばしば。

Appleもこれいならって、Windows10のパソコンでアクセスしてきた人には、標準でWindowsストアに飛ばすように設定されてるみたいです。

本当悪趣味。

終わりに

Apple系のソフトは、とにかく仕様がちょくちょく変わります。

使い勝手だけならまだしも、インストールすらまともにさせてくれないなんて、おこですよね。

そうは言ってもiTunesとか無料で使わせてもらってるので、文句言うなら使うなってことですよね、はいすみません。

がっつりiPhoneユーザーのかおるやでしたUo・ェ・oU