【iPhone×ワード】作成したファイルをGoogleドライブに保存する方法

iPhoneで文書を作成する場合、やはりマイクロソフトのワードに敵うアプリはない気がします。

使い勝手という意味ではGoogleドキュメントに分があるのですが、使いやすさではワードの方がやはり上ですね。

とはいえ、データは全てGoogleドライブで管理しているので、iPhoneで作ったファイルもGoogleドライブに保存したい。

でも、ワードアプリにその機能が見当たらない…。

ということでマイクロソフトさんに直接確認したところ

iPhoneのワードアプリで作ったファイルはGoogleドライブに保存できないことが無事判明しました。

ただし、これでへこたれるかおるやではございません。

ちゃんと解決方法を見つけ出したので伝授しますね。

Googleドライブの中にDropboxを入れ、ワードファイルはDropboxに保存する

iPhoneで作ったファイルは基本的にOneドライブかiPhone本体(のワードアプリ内)に保存する仕様です。

ですが、他のクラウドサービスに保存することもできます。

その対象となるクラウドサービスにGoogleドライブはないけれど、Dropboxがあるのです。

※Googleドライブも対象に入れてくれればいいのに…。

 

ということで、Dropbox自体をGoogleドライブ内に入れておけば必然的にGoogleドライブに保存することができるわけであります。

パソコンが絶対必要

ただし、この作業を行うにはパソコンが必ずいります。

スマホ1つでは解決できません。パソコンがない方は、パソコンを買うか、漫画喫茶で一時的に使う方法もありますが、大切なデータを扱うことになるのであまりおすすめはできません。

まだ何もデータを入れていないのであれば大丈夫ですが、ちゃんと消さないと怖いですからね。うん、やっぱり漫画喫茶はやめておきましょう。

 

さて、実際のやり方については以下3つのパターンに分けて説明をしていきます。

  1. すでにGoogleドライブもDropboxもインストール済み
  2. Googleドライブはインストールしてあるが、Dropboxはしていない
  3. Googleドライブはあるけどパソコンにはインストールしていない。Dropboxもない。

※これ以外のパターンの方がいましたら教えてください。追記します。

すでにGoogleドライブもDropboxもインストール済み

手順は次のとおりです。

  1. Dropboxのソフトをアンインストール(フォルダは消えない、消さない)
  2. Dropboxのソフトをインストール
  3. インストール先をGoogleドライブ配下にする
  4. Dropbox内のデータが同期されるのを確認
  5. 新旧のDropboxフォルダの中身と同一であることを確認し、旧フォルダを削除

気をつける点としては、Dropboxをアンインストールする前にフォルダを消さないことですね。

先にフォルダを消すと、サーバー内も含めて全データが消えます。

それとDropboxのIDとパスワードは控えておいてくださいね。

Dropboxのソフトをアンインストール(フォルダは消えない、消さない)

まずはパソコンからDropboxのソフトを消しましょう。もちろんコンパネから行います。

コントロールパネル→プログラムのアンインストール→Dropboxを削除

コントロールパネル→プログラムのアンインストール

コントロールパネル→プログラムのアンインストール

Dropboxをアンインストールする

Dropboxをアンインストールする

「Uninstall」をクリック

「Uninstall」をクリック

これでDropboxのアンインストールは完了です。

これでDropboxのアンインストールは完了です

 

データ(フォルダ)が消えるわけではありませんので安心してください。

Dropboxのソフトをインストール

改めてDropboxをインストールします。

Dropboxをダウンロード:https://www.dropbox.com/install

Dropboxをダウンロード

Dropboxをダウンロード

「保存」をクリック

「保存」をクリック

 

ダウンロードが終ったらダブルクリックしてインストールを進めます。

ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックしてインストール

ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックしてインストール

 

インストール先をGoogleドライブ配下にする

インストールする場所をGoogleドライブ配下にしましょう。

直下の方が探しやすくて良いでしょうね。

「詳細設定」をクリック

「詳細設定」をクリック

「その他」をクリック

「その他」をクリック

「ユーザー」をクリックして開き「Googleドライブ」をクリックする

「ユーザー」をクリックして開き「Googleドライブ」を選んで「OK」

「自分のDropboxを開く」をクリック

「自分のDropboxを開く」をクリック

「スタートガイド」は右上の✕を押して消しましょう

「スタートガイド」は右上の✕を押して消しましょう

 

Dropbox内のデータが同期されるのを確認

Googleドライブの中にDropboxができました。

Googleドライブの中にDropboxができた

Googleドライブの中にDropboxができた

 

ここまでできたら、Dropboxのデータが同期されるのを待ちましょう。

データ量が多い場合はけっこう時間がかかります。回線速度も影響しますしね。

新旧のDropboxフォルダの中身と同一であることを確認し、旧フォルダを削除

同期が終わったら、旧Dropboxフォルダと中身が同じになっていることを確認しましょう。

右クリック→プロパティ

(もしくはフォルダを選択した状態で「Alt」+「Enter」)

フォルダ数、ファイル数、データ量の3つが同じになっていれば完了です。

旧フォルダは削除してしまって構いません。

※間違って新フォルダを消さないように!!

 

以上でGoogleドライブ内にDropboxを作ることができました。

さっそくiPhoneのワードアプリで作った文書をDropboxに保存してみてください。

>>iPhoneのワードアプリで作った文書をDropboxに保存する方法へ

 

Googleドライブはインストールしてあるが、Dropboxはしていない

手順は次のとおりです。

※Dropboxのアカウントがないことを前提としています。

  1. Dropboxのアカウントを作成
  2. Dropboxのソフトをインストール
  3. インストール先をGoogleドライブ配下にする

気をつける点は特にないですね。

DropboxのIDとパスワードだけは忘れないように控えておきましょう。

Dropboxのアカウントを作成する

まずは、パソコンでもスマホでもいいので、Dropboxのアカウントを作成しましょう。

※パソコンで行った方が一石二鳥ですが、ひとまずスマホでアカウントだけ作っておいてもOKです。

※Googleのアカウント(Gmailアドレス)でDropboxのアカウントが作れます。

Dropboxのアカウントを作成:https://www.dropbox.com/ja/

「Googleでログイン」をクリックし、該当するアカウントをクリック

「Googleでログイン」をクリックし、該当するアカウントをクリック

「許可」をクリック

「許可」をクリック

「Dropboxの利用規約に同意する」にチェックを入れて「登録する」をクリック

「Dropbox利用規約に同意します」にチェックを入れて「登録する」をクリック

 

Dropboxのソフトをインストール

続いてDropboxをインストールします。

「ダウンロード」をクリック

「ダウンロード」をクリック

「ダウンロード」をクリック

Dropboxをダウンロード

「Dropboxをダウンロード」をクリック

「保存」をクリック

「保存」をクリック

 

ダウンロードが終ったらダブルクリックしてインストールを進めます。

ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックしてインストール

ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックしてインストール

 

インストール先をGoogleドライブ配下にする

インストールする場所をGoogleドライブ配下にしましょう。

直下の方が探しやすくて良いでしょうね。

「詳細設定」をクリック

「詳細設定」をクリック

「その他」をクリック

「その他」をクリック

「ユーザー」をクリックして開き「Googleドライブ」をクリックする

「ユーザー」をクリックして開き「Googleドライブ」をクリックする

「自分のDropboxを開く」をクリック

「自分のDropboxを開く」をクリック

「スタートガイド」は右上の✕を押して消しましょう

「スタートガイド」は右上の✕を押して消しましょう

Googleドライブの中にDropboxができた

Googleドライブの中にDropboxができた

 

以上でGoogleドライブ内にDropboxを作ることができました。

さっそくiPhoneのワードアプリで作った文書をDropboxに保存してみてください。

>>iPhoneのワードアプリで作った文書をDropboxに保存する方法へ

 

Googleドライブはあるけどパソコンにはインストールしていない。Dropboxもない。

普段パソコンをあまり使わない人はGoogleドライブすらインストールしていないことでしょう。

手順は次のとおりです。

※iPhoneにはGoogleドライブがあることを前提としています。

※Dropboxのアカウントがないことを前提としています。

  1. Googleドライブをインストール
  2. Dropboxのアカウントを作成
  3. Dropboxのソフトをインストール
  4. インストール先をGoogleドライブ配下にする

気をつける点は特にないですね。

DropboxのIDとパスワードだけは忘れないように控えておきましょう。

Googleドライブをインストール

まずはパソコンにGoogleドライブをインストールします。

Googleドライブをダウンロード:https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/download/

※GoogleのID(Gメールアドレス)とパスワードが必要です。

「Googleドライブにアクセス」をクリック

「Googleドライブにアクセス」をクリック

「パーソナル」の「ダウンロード」をクリック

「パーソナル」の「ダウンロード」をクリック

「同意してダウンロード」をクリック

「同意してダウンロード」をクリック

「保存」をクリック

「保存」をクリック

「フォルダーを開く」をクリック

「フォルダーを開く」をクリック

ダウンロードしたexeファイルをダブルクリック

ダウンロードしたexeファイルをダブルクリック

インストールが終わったら「閉じる」をクリック

インストールが終わったら「閉じる」をクリック

「使ってみる」をクリック

「使ってみる」をクリック

GoogleアカウントID(Gmailアドレス)を入力して「次へ」をクリック

GoogleアカウントID(Gmailアドレス)を入力して「次へ」をクリック

パスワードを入力して「ログイン」をクリック

パスワードを入力して「ログイン」をクリック

「OK」をクリック

「OK」をクリック

「次へ」をクリック

「次へ」をクリック

「OK」をクリック

「OK」をクリック

「開始」をクリック

「開始」をクリック

 

以上でGoogleドライブのインストールは完了です。

 

Dropboxのアカウントを作成する

続いて、パソコンでもスマホでもいいので、Dropboxのアカウントを作成しましょう。

※パソコンで行った方が一石二鳥ですが、ひとまずスマホでアカウントだけ作っておいてもOKです。

Dropboxのアカウントを作成:https://www.dropbox.com/ja/

「Googleでログイン」をクリックし、該当するアカウントをクリック

「Googleでログイン」をクリックし、該当するアカウントをクリック

「許可」をクリック

「許可」をクリック

「Dropboxの利用規約に同意する」にチェックを入れて「登録する」をクリック

「Dropboxの利用規約に同意する」にチェックを入れて「登録する」をクリック

 

これでDropboxのアカウントは作成完了です。

 

Dropboxのソフトをインストール

Dropboxをインストールします。

「ダウンロード」をクリック

「ダウンロード」をクリック

Dropboxをダウンロード

Dropboxをダウンロード

「保存」をクリック

「保存」をクリック

 

ダウンロードが終ったらダブルクリックしてインストールを進めます。

ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックしてインストール

ダウンロードしたexeファイルをダブルクリックしてインストール

 

インストール先をGoogleドライブ配下にする

インストールする場所をGoogleドライブ配下にしましょう。

直下の方が探しやすくて良いでしょうね。

「詳細設定」をクリック

「詳細設定」をクリック

「その他」をクリック

「その他」をクリック

「ユーザー」をクリックして開き「Googleドライブ」をクリックする

「ユーザー」をクリックして開き「Googleドライブ」をクリックする

「自分のDropboxを開く」をクリック

「自分のDropboxを開く」をクリック

「スタートガイド」は右上の✕を押して消しましょう

「スタートガイド」は右上の✕を押して消しましょう

Googleドライブの中にDropboxができた

Googleドライブの中にDropboxができた

 

以上でGoogleドライブ内にDropboxを作ることができました。

さっそくiPhoneのワードアプリで作った文書をDropboxに保存してみてください。

>>iPhoneのワードアプリで作った文書をDropboxに保存する方法へ

 

iPhoneのワードアプリで作った文書をDropboxに保存する方法

iPhoneのワードアプリで作った文書をDropboxに保存する方法はとっても簡単です。

※iPhoneにDropboxをインストールしておく必要があります。

 

Dropbox
Dropbox
開発元:Dropbox
無料
posted withアプリーチ

 

  1. 右上のメニューバーをタップ
  2. 「保存」をタップ
  3. 「+場所の追加」をタップ ※初回限り
  4. 「Dropbox」をタップ
  5. 「許可」をタップ ※初回限り
  6. 保存したいフォルダを選択
  7. 右上の「保存」をタップ

以上です。

右上のメニューバーをタップ

右上のメニューバーをタップ

「保存」をタップ

「保存」をタップ

※初回だけ「+場所の追加」をタップ

「+場所の追加」をタップ

「+場所の追加」をタップ

※初回だけDropboxとの連携の許可が必要です。

「許可」をタップ

「許可」をタップ

※2回目移行は保存先として「Dropbox」が選べるようになっています。

「Dropbox」をタップ

ファイル名を決めて「Dropbox」をタップ

任意のフォルダに移動して「保存」をタップ

任意のフォルダに移動して「保存」をタップ

 

これでiPhoneで作ったワードファイルをDropbox(つまりGoogleドライブ)へ保存ができました。

当たり前ですが、GoogleドライブやDropboxのアプリからでも、このワードファイルを確認することができます。

ワードアプリからでも開くことができますよ。(つまり編集することもできる)

 

【最後に】iPhoneのワードアプリで作った文書をGoogleドライブに保存する方法

少し強引ではありますが、これでiPhoneのワードアプリで作った文書をGoogleドライブに保存することができるようになります。

Googleドライブをメインに使っている人にとっては死活問題ですからね。

せっかくiPhoneでもワードが使えるようになっているのですから、活用しない手はありません。

ぜひ参考にしてください。かおるやでしたUo・ェ・oU

質問・相談はTwitterからお気軽にリプライください。

可能な限りサポートさせていただきます☺

@sumahokaoruya

 かおるやをフォローする >