【画像つき】Windows10セットアップメディア(DVD・USBメモリ)作成方法・手順を解説します

【画像つき】Windows10セットアップメディア(DVD・USBメモリ)作成方法・手順を解説します

Windows10のセットアップメディア(DVDもしくはUSBメモリ)を作成する方法について紹介します。

以下、画像付きで1つずつ紹介するので、誰でも簡単にできるはずです。ぜひやってみましょう。

Windows10のセットアップメディアを作成する方法(簡単2ステップ)

Windows10のセットアップメディアを作成するのはとっても簡単です。

手順は次のとおりです。

  1. マイクロソフト社からツールをダウンロードする
  2. DVDもしくはUSBフラッシュメモリでセットアップメディアを作成する

以上2つの操作だけで完了します。

セットアップメディアにできるのはDVD(ブルーレイでも可)かUSBメモリだけです。

Windows10のセットアップメディアってなに?


Windows10をクリーンインストールするためのメディアファイルのことです。

Windows10からは自由に何度でもクリーンインストールできるように、マイクロソフトの公式サイトから配布されるようになりました。

また、それぞれ6GB超の容量が必要となるため、DVDの場合は2層式(8.5GB)、USBメモリの場合は8GB以上のものを用意しましょう。

1枚だけ買うとコスパ悪いので10枚入りのコレを買いました。

もちろんブルーレイでも大丈夫です。BD-RならDVDよりコスパ良。

USB2.0で8GBなら東芝のこのシリーズが最安です。

USB3.0ならバッファローの簡易包装のが最安です。

 

DVDでもUSBでもどちらでもかまいませんが、機種によっては稀にUSBメモリからセットアップできないパソコンがあるので、DVDで作ったほうが無難とは言えます。

当たり前ですがブルーレイ非対応パソコンでは、ブルーレイディスクからクリーンインストールすることはできません。

 

それでは手順を見ていきましょう。

マイクロソフト社からツールをダウンロードする

まずはマイクロソフトの公式サイトにアクセスして専用ツールをダウンロードしましょう。

>>Windows10のダウンロードページ(外部サイト)

マイクロソフト公式サイトから専用ツールをダウンロード

「ツールを今すぐダウンロード」をクリック

Windows10セットアップメディア作成ファイル

保存した実行ファイルをダブルクリック

Windows10セットアップメディア専用ツールが起動する

Windows10セットアップメディア専用ツールが起動する

ライセンス条項に同意する

ライセンス条項「同意する」をクリック

別のPCのインストールメディアを作成する

「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択し「次へ」をクリック

「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックボックスを外し「アーキテクチャ」から「両方」を選択し「次へ」をクリック

「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックボックスを外し「アーキテクチャ」から「両方」を選択し「次へ」をクリック

 

DVDでセットアップメディアを作成する

DVDで作成する場合は、一旦ファイルをダウンロードします。

「ISOファイル」を選択し「次へ」をクリック

「ISOファイル」を選択し「次へ」をクリック

ダウンロードが終わるのを待ちます

ダウンロードが終わるのを待ちます

ドライブにDVD(ブルーレイでも可)を入れます

ドライブにDVD(ブルーレイでも可)を入れます

「DVD書き込み用ドライブを開く」をクリック

「DVD書き込み用ドライブを開く」をクリック

「書き込み」をクリック

「Windowsディスクイメージ書き込みツール」が起動 「書き込み」をクリック

書き込みが終わったら「閉じる」をクリック

書き込みが終わったら「閉じる」をクリック

「完了」をクリックして画面を閉じる

「完了」をクリックして画面を閉じる

 

以上でWindows10セットアップメディア(DVD)の作成完了です。

※ブルーレイで作成する際も同じ手順です。

USBメモリでセットアップメディアを作成する

セットアップメディアにするUSBをパソコンの挿します。

「USBフラッシュドライブ」を選択し「次へ」をクリック

「USBフラッシュドライブ」を選択し「次へ」をクリック

使用するUSBメモリを選択し「次へ」をクリック

使用するUSBメモリを選択し「次へ」をクリック

ダウンロードを待ちます

ダウンロードを待ちます

「完了」をクリック

「完了」をクリック

確認のためフォルダが開きます

確認のためフォルダが開きます

フォルダ内が画像のようになっていれば大丈夫です。

以上でWindows10セットアップメディア(USBメモリ)の作成完了です。

Windows10セットアップメディア作成の注意点

最後にWindows10セットアップメディア作成の注意点をまとめておきます。

  • 1層式のDVDでは容量が足りないため作成できない
  • クリーンインストールする際にUSBメモリ非対応の機種もある
  • 作る時期によってバージョンが異なる

 

古いパソコンでDVDドライブの調子が悪いと書き込みができない場合があります。

また、仮に書き込みができてもクリーンインストールをする際に失敗する場合もあります。

内蔵ドライブだけを交換することもできますが、外付けドライブを購入した方が簡単です。

DVDなら3,000円以下で購入可能です。

 

せっかくならブルーレイにするのもいいでしょう。8,000円程で購入可能です。

 

いざというときのために、DVDでもUSBメモリでも両方とも作っておくといいかもしれません。

また、セットアップメディアを作る時期によってOSのバージョンが異なります。なるべく使うときに作ったほうがいいでしょう。

かおるやでしたUo・ェ・oU

質問・相談はTwitterからお気軽にリプライください。

可能な限りサポートさせていただきます☺

@sumahokaoruya

 かおるやをフォローする >