これは知らなかった!転送電話を使うと通話料が掛かるらしい…涙

会社や事務所の電話を携帯に転送してる方ってけっこういらっしゃると思います。特に個人事業主の方だと自宅兼事務所&基本外出なんてザラ。かくいう私も日中は外にいる率が99%以上です。

そうすると事務所に電話がきても取れるわけがない、とはいえサイト上に携帯番号を載せるのは…となり、転送電話がマストとなります。

つまり事務所の電話は受電専用と化し、お客様等に掛ける場合は携帯から。携帯なんて今どき通話し放題がデフォなので、両方共通話代かかってない。そう信じて疑わなかったので固定電話の毎月に使用料の確認なんてしない。だって基本使用料だけなら確認しなくても毎月一定に決まってる。そもそも確認しようにも今どきWEB明細。はいめんどくさーい。

普段から「情弱情弱」「リテラシー低い人は搾取されて当たり前」だなんて豪語してましたが、

情弱は僕でした。がっつり搾取されまくってました。ガッデム。

 

転送電話に通話料がかかるメカニズム

なんで転送電話に通話料がかかるのでしょうか。というか、転送電話ってどんなメカニズムなのか。僕は今日の今日まで転送電話ってこういうもんだと思ってました。

転送設定されている電話機に電話が掛かってくると、そのまま転送先(スマホ)に電話が飛ぶと思っていたのです。

なんか、電波で。

 

でも実際は違いました。本来の形はこうです。

電話が掛かってくると、転送元である電話機が転送先のスマホに電話を掛けるのです。

知らんかった。こういう仕組みだったのか。そら通話料かかるわ。うわ恥ずかしい。

 

転送電話の通話料

じゃあどれくらいの通話料がかかるのかというと、単純に固定電話からスマホへの通話料がかかるそうです。つまり、NTTの固定電話を使ってる方ならこゆことになります。

<NTT・西日本>1分あたり<NTT・東日本>1分あたり
通話先料金(税抜)通話先料金(税抜)
NTTドコモ17円NTTドコモ16円
au18円KDDI17.5円
ソフトバンク20円ソフトバンク17.5円
ワイモバイル17円旧ソフトバンクモバイル16円

(参考:NTT西日本NTT東日本

1分17円とかこのご時世、

たっか~~~~い!!

※僕はドコモユーザーです。

 

おわりに

ちなみにNTTに確認したところ12月の通話代は1,580円でした。別にこれくらい良いんですけど、チリも積もればなんとやら。年計算したら約2万円になります。年末に食べた高級焼き肉に匹敵するじゃないか!!

とは言っても今の体形で仕事している以上、ここの費用ってわりかし節約しようがないのも事実。まぁなるたけ長電話しない=話を簡略化すること、を心がけてみようかしら。

名古屋市のパソコン修理サポート専門店かおるやでしたUo・ェ・oU(@sumahokaoruya

「参考になった」と思った方はTwitterはてブでシェアいただけますと励みになります。

 

なお、パソコンやインターネットのトラブルでお困りの場合、愛知県西部・岐阜県南部にお住まいの方であれば、弊社スタッフが直接訪問してサポートすることも可能です。

※他エリアの方からの電話相談などは一切行っておりません。

パソコン修理サポート「かおるや」HPはこちら >

 

上記以外のエリアにお住まいの方には、宅配でのパソコン修理、もしくはドクター・ホームネットをおすすめしております。

【全国対応!】パソコン宅配修理センター

パソコン宅配修理センター

パソコン宅配修理センターは、全国どこからでも宅配でパソコンの修理を受け付けています。

見積に納得した場合のみ修理を行うため、安心して依頼することが可能です。

今なら送料が無料になるキャンペーン中ですので、近くにパソコン修理屋がない人は、1度相談してみてはいかがでしょうか。

【全国対応!】パソコン宅配修理センター

ドクター・ホームネット

ドクター・ホームネットは、全国に支店を持つ、出張パソコン修理店です。

作業前に必ず見積を作成してくれるので、ボッタクリ被害に合うことがありません。

大切なデータを保護した状態での修理も可能であり、「起動しない」「動きが遅い」といったトラブルにも最短即日にて対応してくれます。

全国にスタッフを配備しておりますので、どなたでもお気軽にご相談ください。

ドクター・ホームネット