【画像つき】ウイルスバスターのインストール・アンインストール方法

日本で1番有名なセキュリティソフトである「ウィルスバスター」のインストールとアンインストール(削除)方法について画像付きで解説を行います。

ウイルスバスターは有料のセキュリティソフトですのでお金はかかりますが、大事なパソコンを安心して使いたい方には絶対に必要なもの。

せめてインストールくらいは自分でできるようになると、余計な出費が増えずに済みますよね。

ぜひ、本記事を参考にご自身で設定できるようになってください。

※不要になった場合にはアンインストール(削除)が必要です。そちらの方法も合わせて解説しています。

※公式サイトからダウンロードすると、30日間だけ無料で使用することができます。

ウィルスバスターをダウンロードする

ウィルスバスターをメーカー(トレンドマイクロ社)のサイトからダウンロードする手順を解説していきます。

CDドライブがないパソコンにもおすすめ

お店でウィルスバスターを買った場合は、インストール用のCDが付いてきます。

ただし、パソコンによってはCDドライブがないこともあるでしょう。

そういった場合でも、これから解説する手順でダウンロード&インストールし、パッケージに記載されている「シリアルナンバー」を入力するだけで設定ができます。

公式サイトからダウンロード

ダウンロード用のファイルは公式サイトからダウンロードします。

公式サイト:https://www.trendmicro.com/ja_jp/forHome/free_trial.html

 

公式サイトにアクセスしたら、一番上にある「ウィルスバスタークラウド」をダウンロードします。

ダウンロードのボタンが見えない場合、少しだけ画面を下にスクロールします。

公式サイト

公式サイト

ウィルスバスタークラウドのすぐ下の「無料体験する(Windows版)」をクリックします。

 

無料体験する(Windows版)

無料体験する(Windows版)

ダウンロード用の画面に移動し、ブラウザによって異なりますが、画面下や中央にダウンロードの案内が表示されます。

Microsoft Edgeの場合は、画面下に「実行」や「保存」のボタンが出現します。「保存」ボタンの横の三角ボタンをクリックし「名前を付けて保存」をクリックしましょう。

 

名前を付けて保存

名前を付けて保存

今回は分かりやすいように、デスクトップを選んで「保存」をクリックします。

 

デスクトップを選んで保存します

デスクトップを選んで保存します

すると、ほどなくデスクトップにダウンロードしたファイルが出現します。

ウィルスバスターの導入(インストール)方法

先ほどダウンロードしたファイルを使って、パソコンでウィルスバスターを使える状態にします。

ダウンロードしたファイルをクリック

今回ダウンロードしたファイルの名前は「TrendMicro_16.0_HE_Downloader」ですが、ダウンロードする年月日によって名前は微妙に異なるかもしれません。

先ほどダウンロードしたばかりのファイルなら間違いありませんので、クリックします。

TrendMicro~をクリック

TrendMicro~をクリック

すると、ウィルスバスタークラウドのインストール画面が始まります。

インストールの画面

インストールの画面

「プライバシーと個人データの収集に関する規定」という画面になります。

「同意して次へ」をクリックします。

同意して次へ

同意して次へ

「使用許諾契約の確認」という画面になります。

「同意してダウンロードする」をクリックします。

同意してダウンロードする

同意してダウンロードする

すると、インストールが進んでいきます。

ここから何度かウィンドウが切り替わりますが、自動的に進んでいきますので見守っていてください。

インストールが進んでいきます

インストールが進んでいきます

ウィンドウが切り替わりますが、自動的に進んでいきます。

自動的にウィンドウが切り替わります

自動的にウィンドウが切り替わります

画像のウィンドウに切り替わったら、終わりが近いです。

更に違うウィンドウに切り替わります

更に違うウィンドウに切り替わります

インストールが終わると、メールアドレスを入力する画面になります。

自分のメールアドレスを入力して「完了」をクリックします。

メールアドレスを入力して完了

メールアドレスを入力して完了

インストールで出現したファイルは消しても大丈夫

最初にクリックした「TrendMicro~」に加え、インストールで3つほどファイルやショートカットが出現します。

この4つはインストールが無事に完了したら必要ありませんので、ゴミ箱に捨てても大丈夫です。

インストールで出た4つのファイル・ショートカットは捨てても大丈夫です

インストールで出た4つのファイル・ショートカットは捨てても大丈夫です

製品購入済みならシリアルナンバーを入力する

すでにお店などでウィルスバスターを「購入している」場合は、ウィルスバスターの画面でシリアルナンバーを入力します。

ウィルスバスターのインストール後に画像の画面になったら、画面左下の「シリアル番号をお持ちの場合」をクリックします。

シリアル番号をお持ちの場合

シリアル番号をお持ちの場合

シリアル番号が5ブロックに分かれていますので、それぞれを入力し「次へ」をクリックして進んでください。

シリアル番号を入力し次へ

シリアル番号を入力し次へ

ウィルスバスターを使ってみる

インストールが完了すると、そのままウィルスバスターの画面が始まります。

このまま初期設定と実際に使う所まで進んでいきましょう。

フォルダシールドの設定

ウィルスバスターを始めて使うときに、「フォルダシールド」の設定が手前に表示されることがあります。

「フォルダシールドを設定する」をクリックします。

フォーダシールドを設定する

フォルダシールドを設定する

説明の画面が表示されますので、「OK」で先に進みます。

OK

OK

保護が必要なフォルダが自動的に指定されますので、「次へ」へ進みます。

初期設定のままにしておけば、USBメモリなどの保護も行ってくれます。

次へ

次へ

「フォルダシールドが有効です」という画面になります。

「完了」をクリックして終了します。

完了

完了

スキャンを使う

ウィルスバスターのメインの画面です。

  • 「システムは保護されています」の下に、体験版の有効期限が書かれています。この期間を過ぎると使えなくなります。
  • 「今すぐ購入」でネットを通じてウィルスバスターを購入できます。購入すると有効期限が1年~延びて使えるようになります。
  • 「シリアルをお持ちの場合」では、お店などで購入したシリアルを入力し、有効期限が1年~延びて使えるようになります。

ウィルスバスターのメイン機能であるスキャンをしてみましょう。

画面中央の「スキャン」をクリックします。

スキャン

スキャン

スキャンが進んでいきます。

スキャンが進んでいきます

スキャンが進んでいきます

スキャンが終わり、無事に「脅威は検出されませんでした」という表示になりました。

画面右下の「閉じる」をクリックします。

閉じる

閉じる

ウィルスバスターの画面を表示するには

ウィルスバスターを画面を閉じてしまい、もう一度表示させたい場合は、「スタートボタン」「ウィルスバスタークラウド」「ウィルスバスターの表示」の順でクリックすると、ウィルスバスターの画面を表示できます。

しかし、ウイルスバスターのインストール後は自動的に保護を働かせてくれ、異常があったり期限切れが近づいている場合は「通知」に表示してくれますので、その時にチェックするだけでも充分な防御効果があります。

スタートボタン→ウィルスバスタークラウド→ウィルスバスターの表示

スタートボタン→ウィルスバスタークラウド→ウィルスバスターの表示

ウィルスバスターの削除(アンインストール)方法

ウィルスバスターを30日間の無料体験で使ってみて、やはり必要がないと判断した場合は、削除(アンインストール)を行ってください。

アンインストールしない場合、保証がない状態のウィルスバスターが居座る為、逆にセキュリティが悪化します。

アンインストールすることで、Windowsに標準で付いている「Windowsセキュリティ」に警備役がバトンタッチするのです。

スタートメニューに削除がある

先ほどのスタートボタンで出てくる「ウィルスバスターの表示」の並びに「ウィルスバスターの削除」という項目があり、ここから削除することもできます。

しかし、今回はちゃんと削除されたことを確かめるためにコントロールパネルからの削除方法を解説します。

ここに削除を設けているのは「試してもらえば良さがわかる」というメーカーの自信の表れでもあります。

スタートボタン→ウィルスバスタークラウド→ウィルスバスターの削除

スタートボタン→ウィルスバスタークラウド→ウィルスバスターの削除

コントロールパネルから削除

まずスタートボタンをクリックし、「Windowsシステムツール」の中にある「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネル

コントロールパネル

画面の表示方法によって見た目が変わりますが、画像の通りに「プログラムのアンインストール」か「プログラムと機能」という所をクリックします。

プログラムのアンインストール

プログラムのアンインストール

いくつかウィルスバスターやトレンドマイクロの名前が書かれたソフトが並んでいますが、「ウィルスバスタークラウド」を選択して「アンインストール」をクリックします。

ウィルスバスタークラウドを選んでアンインストール

ウィルスバスタークラウドを選んでアンインストール

「ウィルスバスタークラウドの削除」という画面になります。

「アンインストール」をクリックします。

アンインストール

アンインストール

アンケートの画面になりますので、適当な理由を選んでチェックを入れます。

今回はソフトに不満があっての削除ではないので「テスト~」をチェックしました。

「次へ」をクリックします。

適当な理由にチェックを入れて次へ

適当な理由にチェックを入れて次へ

アンインストールが進んでいきます。

アンインストールが進んでいきます

アンインストールが進んでいきます

「正常にアンインストールしました」という画面になります。

「今すぐ再起動」をクリックすると、パソコンが再起動します。

再起動が完了すれば作業はおしまいです。

今すぐ再起動

今すぐ再起動

削除できたことを確認

再びコントロールパネルからプログラムと機能の画面に戻ると、「ウィルスバスタークラウド」はもちろん、関連したいくつかの項目が全て消えています。

削除の際に手間を掛けさせないというのも、大手メーカーならではの親切を感じます。

ウィルスバスタークラウドが消えています

ウィルスバスタークラウドが消えています

Windowsセキュリティの確認

ウィルスバスター削除後に、後釜の「Windowsセキュリティ」がちゃんと動作しているかを確認しましょう。

スタートボタンをクリックし、歯車のマークの「設定」をクリックします。

スタート→設定

スタート→設定

Windows10の設定の中の「更新とセキュリティ」をクリックします。

更新とセキュリティ

更新とセキュリティ

画面左の「Windowsセキュリティ」をクリックし、画面右に出てくる「Windowsセキュリティを開く」のボタンをクリックします。

Windowsセキュリティ→Windowsセキュリティを開く

Windowsセキュリティ→Windowsセキュリティを開く

「セキュリティの概要」という画面になり、各項目に安全を表す緑のチェックが入っています。

また、各項目に「操作は不要です」と書かれており、問題なくWindowsセキュリティが働いていることが確認できました。

各項目に緑のチェックが付いていることを確認します

各項目に緑のチェックが付いていることを確認します

まとめ

Windowsセキュリティにも充分な防御能力があります。

しかし、お金を払ってウィルスバスターを購入することで、より強力な機能が加わったり、電話やメールでの人的なサポートが受けられるなどのメリットがあります。

仕事や高額な取引で使うパソコンには、ウィルスバスターなど有料のセキュリティソフトの導入も検討してみましょう。

かおるやでしたUo・ェ・oU

質問・相談は[email protected]からお願いします。

可能な限りサポートさせていただきます☺

[email protected]かおるや

「参考になった」と思った方はTwitterはてブでシェアいただけますと励みになります。

愛知県西部の方であれば、直接訪問してサポートすることも可能です。

お気軽にお電話ください。

※他エリアの方からの電話相談などは一切行っておりません。