【画像つき】Windows10パソコンでスクリーンショット(画面撮影)の撮り方と保存先の設定方法

Windows10の「スクリーンショット」という機能を使用すると、今表示されているパソコンの画面を撮影して画像データとして保存できます。

当ブログでたびたび掲載しているパソコンの画面写真もこの方法で撮影しています。

スクリーンショットの撮り方・保存先について画像つきで解説していきます。

スクリーンショットの撮り方と保存する方法

スクリーンショットは、キーボードの「PrtScn」キーを押すだけで簡単に撮影できます。

多くのキーボード・ノートパソコンでは、キーボード全体の右上付近にあります。

「F12」キーの右側付近か、「Enterキー」と「テンキー(数字のキー)」の合間のエリアなどにありますので探してみてください。

キーボードの右上付近

キーボードの右上付近

略し方はキーボードによって違いがあります。

  • Print Screen
  • Print Sc
  • Prt Scn

本記事では「PrtScn」で統一します。

[PrtScn]キー

[PrtScn]キー

撮影したスクリーンショットはペイント・ワード・エクセル等に「貼り付け」して保存

「PrtScn」で撮影したスクリーンショットは、そのままでは画像データ等で保存されません

Windows10でよく使われる機能であるコピー&ペーストのうち「コピー」がされた状態になっています。

Windows10に標準搭載されている「ペイント」や、ワード・エクセルなどのアプリに「ペースト(貼り付け)」することで画像として利用できます。

 

「スタートボタン」「Windowsアクセサリ」と辿ると「ペイント」があります。

ペイント

ペイント

画面全体を撮影する方法([PrtScn])

スクリーンショットの基本形である、画面全体の撮影方法です。

画像の状態のデスクトップで「PrtScn」キーを押してみます。

デスクトップの状態

デスクトップの状態

ペイントのアプリに「貼り付け」てみましょう。

ペイントの画面の左上に大きく「貼り付け」のボタンがありますので、クリックします。

貼り付け

貼り付け

ペイントに貼り付けると、左上のごみ箱から右下の時計まで、デスクトップアイコンや開いているウィンドウ等の画面全体が画像として貼り付けられました。

デスクトップの状態がそのまま貼り付けられます

デスクトップの状態がそのまま貼り付けられます

貼り付けた画像は「名前をつけて保存」で画像データとして保存もできます。

一番手前(アクティブ状態)のウィンドウのみを撮影する([Alt]+[PrtScn])

今利用しているアプリのウィンドウだけを撮影したいとき、周囲の背景が邪魔に思うケースがあります。

一番手間に表示しているウィンドウ(アクティブ状態と言います)だけを撮影することもできます。

Alt」キーを押しながら「PrtScn」キーを押します。

※画像の例では「メモ帳」がアクティブ状態です

一番手前(アクティブ状態)にメモ帳のウィンドウがあります

一番手前(アクティブ状態)にメモ帳のウィンドウがあります

ペイントのアプリに「貼り付け」てみましょう。

ペイントの画面の左上に大きく「貼り付け」のボタンがありますので、クリックします。

貼り付け

貼り付け

ペイントに貼り付けると、メモ帳のウィンドウのみが画像として貼り付けられます。

メモ帳のウィンドウのみが貼り付けられます

メモ帳のウィンドウのみが貼り付けられます

貼り付けた画像は「名前をつけて保存」で画像データとして保存もできます。

指定した範囲を撮影する([Windows]+[Shift]+[S])

画面全体でもアクティブ状態のウィンドウでもなく、自分で好きな範囲を指定して撮影することもできます。

 

Windows10向けのキーボードには、Windows10のロゴが印刷された「Windows」キーというものがあります。

キーボード全体の左下付近にあり、押すとスタートメニューが表示されるキーです。

 

Windows」「Shift」を同時に押しながらアルファベットの「S」キーを押すと、画像のように画面が暗くなり、マウスのドラッグ&ドロップ操作で範囲の指定ができます。

マウスのドラッグ&ドロップで範囲を指定

マウスのドラッグ&ドロップで範囲を指定

ドラッグ&ドロップ動作が完了すると、画面右下の時計付近に画像のような案内が表示されます。

マウスを離すと即座に操作が終わってしまいますが、範囲指定に失敗したら再度「Windows」「Shift」「S」でやり直すことも可能です。

「切り取り&スケッチ」の案内が表示される

「切り取り&スケッチ」の案内が表示される

ペイントのアプリに「貼り付け」てみましょう。

ペイントの画面の左上に大きく「貼り付け」のボタンがありますので、クリックします。

貼り付け

貼り付け

ペイントに貼り付けると、範囲指定したメモ帳とペイントのウィンドウが画像に収まっています。

範囲指定の通りに貼り付けられます

範囲指定の通りに貼り付けられます

貼り付けた画像は「名前をつけて保存」で画像データとして保存もできます。

スクリーンショットで撮影した画像をそのまま保存する方法と保存先を変更する方法

撮影したスクリーンショットをペイントに貼り付ける方法を解説しましたが、この手間を省いて即座に画像データを作成することもできます。

スクリーンショットを直接画像として保存する([Windows]+[PrtScn])

Windows」キーを押しながら「PrtScn」キーを押すと、スクリーンショットが自動的に画像データとして保存されます。

スクリーンショットの保存先は「ピクチャ」の中にある「スクリーンショット」

こちらの操作で撮影した画像データは、エクスプローラを開くなどして「PC」「ピクチャ」と辿った中にある「スクリーンショット」というフォルダに保存されます。

「ピクチャー」「スクリーンショット」

「ピクチャー」「スクリーンショット」

「スクリーンショット」フォルダを開くと、先ほど撮影した画面のスクリーンショットが保存されています。

スクリーンショットが画像で保存されています

スクリーンショットが画像で保存されています

スクリーンショットの保存先を変える方法

「Windows」+「PrtScn」の画像データを保存するフォルダ(場所)を変えることもできます。

たとえば場所をデスクトップにすると、スクリーンショットした画像データを直接デスクトップに表示することができます。

 

スクリーンショットの保存先を変えるには、先ほどの「スクリーンショット」フォルダの上で右クリックし「プロパティ」をクリックします。

スクリーンショットフォルダのプロパティ

スクリーンショットフォルダのプロパティ

上部分の「場所」をクリックすると、現在の場所が「~Screenshots」になっています。

※画像ではユーザー名を黒塗りにしています

「移動」をクリックします。

移動

移動

フォルダを選択する画面になりますので、デスクトップを指定して「フォルダーの選択」をクリックします。

デスクトップを指定

デスクトップを指定

場所が「~Desktop」に変わりましたので、「OK」をクリックすると保存先がデスクトップに変わります。

フォルダ名がデスクトップ(desktop)に変わったことを確認して「OK」

フォルダ名がデスクトップ(desktop)に変わったことを確認して「OK」

なお、変えてしまった保存先を元に戻したい場合は、画像の画面にある「標準に戻す」ボタンをクリックすると一瞬で「~Screenshots」に切り替わり、そこで「OK」をクリックすれば簡単に設定を元通りにできます。

まとめ

スクリーンショットを使いこなせば、アプリのマニュアルなども簡単に分かりやすく作成できるようになります。

ネットの文章の一部を撮影して人に見せるようなこともでき、使い方が広がりますよ。

かおるやでしたUo・ェ・oU

質問・相談は[email protected]からお願いします。

可能な限りサポートさせていただきます☺

[email protected]かおるや

「参考になった」と思った方はTwitterはてブでシェアいただけますと励みになります。

愛知県西部の方であれば、直接訪問してサポートすることも可能です。

お気軽にお電話ください。

※他エリアの方からの電話相談などは一切行っておりません。

他のエリアにお住まいの方にはドクター・ホームネットをおすすめしております。

作業前に必ず見積を作成してくれるので、ボッタクリ被害に合うことがありません。

大切なデータを保護した状態での修理も可能であり、「起動しない」「動きが遅い」といったトラブルにも最短即日にて対応してくれます。

全国にスタッフを配備しておりますので、どなたでもお気軽にご相談ください。