【画像つき】Windows10 セーフモードで起動する方法

Windows10のトラブルの中でも厄介なものに、誤動作を繰り返してまともに使用できなくなるという状況があります。

当ブログでもたびたびご紹介してきた、マルウェアや勝手にインストールされてしまうセキュリティソフトなどが主な原因です。

そういった状況に陥った際に頼りになるのが「セーフモード」という機能です。

今回はセーフモードの特徴と使い方を画像つきで解説していきます。

セーフモードの特徴と起動の仕方

セーフモードはWindows10を必要最小限の状態で起動するモードです。

逆に言えば、誤動作の原因となる外部機器やソフトの動作を禁止した状態でWindows10を動かせます。

セーフモード中にできる行動は設定の変更くらいになってしまいますが、一切の邪魔が入らなくなり、パソコンを直すという一点においては理想的な環境になります。

セーフモードの起動の仕方には数パターンの方法があります。

【方法1】Shiftキーを押しながら再起動

Shiftキーを押しながら、スタートボタン・電源・再起動の順でクリックします。

オプションの選択の画面に移行しますので、そこからセーフモードを選択していきます。

Shiftキーを押しながらスタート→電源→再起動

Shiftキーを押しながらスタート→電源→再起動

【方法2】設定から再起動する

スタートボタンをクリックし、歯車のマークの「設定」をクリックします。

スタート→設定

スタート→設定

Windows10の設定の中の「更新とセキュリティ」をクリックします。

更新とセキュリティ

更新とセキュリティ

左側のメニュから「回復」をクリックし、PCの起動をカスタマイズするの部分にある「今すぐ再起動」をクリックします。

オプションの選択の画面に移行しますので、そこからセーフモードを選択していきます。

今すぐ再起動

今すぐ再起動

【方法3・Windows10が起動しない場合】電源ボタンを何度も入り切りする

※この操作はパソコンの故障に繋がる場合がありますので、どうにもならない場合の最終手段として行ってください

そもそも電源を入れてもWindows10の画面が表示されない、といった重度のトラブルの場合に使える起動方法です。

パソコンの電源を入れ、すぐに電源ボタンの長押しで電源を切る、という操作を数回繰り返します。

すると、数度目で電源を入れた直後のメーカーロゴ画面の前後で「自動修復を準備しています」という文字が表示されます。

その状態で放置すると、画像のような自動修復の画面になります。

ここで「詳細オプション」をクリックするとオプションの選択の画面に移行しますので、そこからセーフモードを選択していきます。

詳細オプション

詳細オプション

「オプションの選択」からセーフモードに入る

先ほどのいずれかの方法で「オプションの選択」の画面が表示されたら、そこからセーフモードの画面に辿り着けるようになります。

まず、「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティング

トラブルシューティング

「詳細オプション」をクリックします。

詳細オプション

詳細オプション

「スタートアップ設定」をクリックします。

スタートアップ設定

スタートアップ設定

説明が表示されますので、「再起動」をクリックします。

再起動

再起動

パソコンが再起動した後、下記の画像のような画面になります。

ここではマウス操作が行えませんので、キーボードで数字を入力してください。

今回の場合はセーフモードを使いますので、「4」を押します。

また、一部の大事なデータをネットワーク経由で退避させたい場合は「5」でも良いですが、セーフモード中の長時間のネットワーク接続は、外部からの侵入に遭うなどのセキュリティのリスクがあります。

「5」でセーフモードとセットワークを有効にした場合は、作業を手早く済ませて電源を切るようにしましょう。

キーボードの「4」を押す

キーボードの「4」を押す

普段と同じWindows10のサインイン画面が表示されます。

※モニターのサイズによっては縦横の長さなどが歪んで見えることがあります

※画像はユーザー名を白抜きで隠しています

セーフモードへのサインインは、パスワード入力のみ対応しています。

顔認証・指紋認証・ピクチャーパスワードなどは使えませんので、必ずパスワードを思い出しましょう。

通常時と同じくサインインする

通常時と同じくサインインする

サインインすると、普段のデスクトップが真っ黒になり、四隅に「セーフモード」と書かれた画面になります。

この状態がセーフモードですので、この画面で悪さをしているソフトをアンインストールしたり、大事なデータを移動させたりできます。

セーフモードの画面

セーフモードの画面

「オプションの選択」が表示されない場合のセーフモードの起動の仕方

多くの場合は以上の手順でセーフモードが起動できますが、パソコン本体とモニターの相性によっては「オプション選択」の画面が表示されない(真っ青の画面のまま動かせない)ということが稀にあります。

Windows10の画面がかろうじて使える場合という条件はありますが、「オプションの選択」の画面をすっ飛ばしてセーフモードを使う手順をご紹介します。

スタートボタンの上で右クリックし、メニューから「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

ファイル名を指定して実行

ファイル名を指定して実行

「ファイル名を指定して実行」の画面では、「msconfig」と入力して「OK」をクリックします。

msconfigと入力してOK

msconfigと入力してOK

msconfigのウィンドウが開きますので、「ブート」という部分をクリックし、「セーフブート」のチェックをオン、「OK」をクリックします。

ブート→セーフブートにチェック→OK

ブート→セーフブートにチェック→OK

再起動するかを尋ねられますので、「再起動」をクリックします。

再起動

再起動

再起動の後サインイン画面になりますので、パスワードを入力してサインインします。

通常時と同じくサインインする

通常時と同じくサインインする

Windows10がセーフモードで起動します。

セーフモードの画面

セーフモードの画面

なお、今のままではパソコンの電源を入れ直してもセーフモードで立ち上がってしまいます。

スタートボタンを右クリック→「ファイル名を指定して実行」→「msconfig」と入力して「OK」でmsconfigの画面を表示します。

「ブート」という部分をクリックし、「セーフブート」のチェックを外し、「OK」をクリックします。

ブート→セーフブートのチェックを外す→OK

ブート→セーフブートのチェックを外す→OK

これでパソコンを再起動すれば、普段のWindows10の画面に戻れます。

まとめ

Windows10でセーフモードを使う手順を解説しました。

この記事だけでは「何のことだろう」と感じられるかもしれませんが、セーフモードは様々なパソコントラブルの解決に便利な機能です。

Windows10が動かない・重くなった時に大事なデータの救出なども行えますので、困った時のひとまずの手段として覚えておいて損はありません。

かおるやでしたUo・ェ・oU

質問・相談は[email protected]からお願いします。

可能な限りサポートさせていただきます☺

[email protected]かおるや

「参考になった」と思った方はTwitterはてブでシェアいただけますと励みになります。

愛知県西部の方であれば、直接訪問してサポートすることも可能です。

お気軽にお電話ください。

※他エリアの方からの電話相談などは一切行っておりません。