【画像つき】ノートンを削除(アンインストール)する方法

セキュリティソフトは、Windows10で無料で使用できる「Windowsセキュリティ」以外にも様々なメーカーが販売しています。

そういったソフトは、必要がなくなったりサポート期限が切れているものについては早急に削除(アンインストールと言います)する必要があります。

今回は大手セキュリティソフトの一つであるノートン(Norton Security)の削除方法を画像つきで解説していきます。

操作は簡単です。また、なぜ削除が必要なのかの理由も併せて説明していきます。

使わないノートンは削除しましょう

セキュリティソフトが動いてない状態は危険

セキュリティソフトが動いてない状態は危険

使わなくなったり、サポート期限の過ぎたノートンは早急に削除しましょう。

市販されているセキュリティソフトには、「サポート期限」というものが設定されており、30日・1年などお金を支払った間だけセキュリティのサービスが受けられます

これは逆を返すと、「サポート期限」が切れ、お金が支払われないとサービスが停止し、パソコンの守りが失われるということです。

セキュリティ対策で一番してはいけないことは、サポート期限が切れたソフトをそのままインストールしたままにすることです。

期限の切れたセキュリティソフトは一切の保護をしてくれません。

インターネットにつながっているだけで、いとも簡単にウイルスに感染してしまうでしょう。

ノートンを削除すると無料のセキュリティソフトに切り替わる

使用しなくなったノートンを削除すると、Windows10に内蔵されていて無料で使用できる「ディフェンダー」というセキュリティソフトに切り替わります。

ノートンを購入すると、セキュリティに関する相談を受け付けてくれたり、複数のデバイスを同時に管理できるなど、特に個人事業主・企業・学校などにとって便利な機能が得られるメリットがあります。

一方でWindowsセキュリティも、パソコンを守るという点においては十分な性能を持ちます

  1. サポート期限内のノートン
  2. Windowsセキュリティ
  3. サポート期限が切れたノートン

この順番でセキュリティが高くなっており、3の「サポート期限が切れたノートン」は、先ほどの説明の通りウィルスや犯罪に一切対応できなくなる為、壁に空いた穴のように危険を呼び込む原因になってしまいます。

サポート期限が切れる2大原因

ノートンのサポート期限が切れる原因は主に2つ考えられます。

いずれの場合も期限がわずかになると通知してくれますので、そこでノートンの期限を買い足すか、削除するかを検討しましょう。

ケース1・購入した期限が切れる

単純に購入したサポート期限が終わりを迎えるケースです。

自身が購入したものではありますが、1年だったり、お買い得プランでは3~5年など長期に渡っていることがあり、忘れてしまうのも無理はありません。

ケース2・パソコンに付いてきたお試し版を使っていた

注意が必要なのはこのケースで、新しく購入したパソコンにオマケでノートンが付属しており、それを使用していた場合です。

こういったお試し版の多くはサポート期限が30日や60日と短く、期限が近づくとサポート切れの通知が表示されるようになります。

その通知を無視することなく、追加購入の予定がなければノートンを削除しましょう。

ノートンがインストールされているか確認する方法

スタートボタンをクリックし、歯車のマークの「設定」をクリックします。

スタート→設定

スタート→設定

Windows10の設定の中の「更新とセキュリティ」をクリックします。

更新とセキュリティ

更新とセキュリティ

画面左の「Windowsセキュリティ」をクリックし、画面右に出てくる「Windowsセキュリティを開く」のボタンをクリックします。

Windowsセキュリティ→Windowsセキュリティを開く

Windowsセキュリティ→Windowsセキュリティを開く

「ウィルスと脅威の防止」をクリックすると、画面右側の表示が変わり、メインのセキュリティソフト名が表示されます。

ノートンが動作している場合は「ノートンセキュリティ」と表示されます。

ノートンがメインのセキュリティソフトになっている

ノートンがメインのセキュリティソフトになっている

ノートンを削除する方法

使用しないノートンを削除(アンインストール)する方法を解説していきます。

コントロールパネルから削除

まずスタートボタンをクリックし、「Windowsシステムツール」の中にある「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネル

コントロールパネル

画面の表示方法によって見た目が変わりますが、画像の通りに「プログラムのアンインストール」か「プログラムと機能」という所をクリックします。

プログラムのアンインストール

プログラムのアンインストール

名前順で「N」から始まる「Norton Security」をクリックすると選択された状態になります。

続いて画面上部の「アンインストールと変更」をクリックすると、ノートンのウィンドウが表示・開始されます。

アンインストールと変更

アンインストールと変更

ノートンのアンインストール用のウィンドウが表示されました。

「アンインストールをする」をクリックします。

画面中央付近に選択肢があり、どちらを選んでも大きな違いはありません。

最初に選択されている「再インストールを予定~」のままで良いですが、きれいさっぱり削除したいという時には「すべてのユーザーデータ~」を選択します

アンインストールする

アンインストールする

 

サブスクリプション(サポート期限のことです)が表示されます。

「アンインストールをする」をクリックします。

画面中央の「理由の入力」をクリックすると、ブラウザが開いてアンケート画面が表示されますが、回答の義務はありません。

アンインストールする

アンインストールする

アンインストールが進んでいきます。

アンインストールの準備中

アンインストールの準備中

「エラーレポートを提出しています」と表示されますが、こちらに非があるということではなく、放っておくと次に進んでいきます。

エラーレポートを提出しています

エラーレポートを提出しています

アンインストールが進んでいきます。

アンインストール中

アンインストール中

インストールが完了したら、「今すぐ再起動」をクリックします。

Windows10が再起動しますので、再びサインインすれば作業完了です。

今すぐ再起動

今すぐ再起動

削除できたことを確認

再びコントロールパネルからプログラムと機能の画面に戻ると、「Norton Security」が消えています。

Norton Securityが削除されている

Norton Securityが削除されている

Windowsセキュリティの確認

ノートン削除後に、後釜の「Windowsセキュリティ」がちゃんと動作しているかを確認しましょう。

スタートボタンをクリックし、歯車のマークの「設定」をクリックします。

スタート→設定

スタート→設定

Windows10の設定の中の「更新とセキュリティ」をクリックします。

更新とセキュリティ

更新とセキュリティ

画面左の「Windowsセキュリティ」をクリックし、画面右に出てくる「Windowsセキュリティを開く」のボタンをクリックします。

Windowsセキュリティ→Windowsセキュリティを開く

Windowsセキュリティ→Windowsセキュリティを開く

「セキュリティの概要」という画面になり、各項目に安全を表す緑のチェックが入っています。

また、各項目に「操作は不要です」と書かれており、問題なくWindowsセキュリティが働いていることが確認できました。

各項目に緑のチェックが付いていることを確認します

各項目に緑のチェックが付いていることを確認します

まとめ:期限の切れたノートンは削除しよう

必要がなくなったノートンの削除方法について解説しました。

期限の切れたノートンは逆にトラブルの原因に変わってしまいますので、放置せずに削除するようにしましょう。

 

今回は簡単・無料にセキュリティソフトを使う方向で話を進めましたが、ノートンを購入して使い続けるメリットも多いです。

自分に合った方を選択してください。

 

かおるやでしたUo・ェ・oU

質問・相談は[email protected]からお願いします。

可能な限りサポートさせていただきます☺

[email protected]かおるや

「参考になった」と思った方はTwitterはてブでシェアいただけますと励みになります。

愛知県西部の方であれば、直接訪問してサポートすることも可能です。

お気軽にお電話ください。

※他エリアの方からの電話相談などは一切行っておりません。