パソコン初心者が覚えるべきショートカットキーはじめの10個(Windows)

2017年1月21日

パソコンの修理を行う際、お客様がじっと隣で見てるケースは多々あります。時と場合によるんですが、あれけっこう緊張します(笑) 決して悪いことをやってるわけじゃないんですけど、町中で見かけるパトカーと一緒ですね。なんかそわそわします。

それはさておき、パッパッパーとキーボード叩いていると1番言われるのが、「打つの速いわねぇ」です。

エセブラインドタッチですけどね!

次に言われるのが、「え?今どうやってやったの?」とショートカットキーを使用した時です。基本マウスで左クリック&右クリックでしかパソコンを動かせないと思ってる方からすると魔法のように見えるようです。そう言えば僕も初めてコピー&ペーストを知ったときは自分がハリーポッターにでもなったかの気分でした。嘘です当時はハリーポッターが流行る前ですので、せいぜいサリーちゃんがいいとこでしょう。

というわけで、今回は初心者でも簡単に覚えれて実用性の高いショートカットキーを10個だけ紹介したいと思います。

 

ショートカットキー?

「そもそもショートカットキーってなんですか?」そんな方もいらっしゃるかもしれません。一つ礼を挙げるとわかりやすいのですが、例えばインターネットを見ていて、わからない単語が出てきた時に辞書で調べようとしますよね。

吾輩わがはいは猫である。名前はまだ無い。
 どこで生れたかとんと見当けんとうがつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪どうあくな種族であったそうだ。

(引用元:夏目漱石 吾輩は猫である/青空文庫 http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/789_14547.html

この中に【獰悪】という言葉が出てきますが、ちょっと意味がわからない。こういう時はこの【獰悪】の部分を[反転]させて[右クリック]→[コピー]、検索バーに[右クリック]→[貼り付け]をして言葉の意味を調べようとします。

こんな感じ。この「コピー(右クリック→コピー)」と「貼り付け(右クリック→貼り付け)」がキーボードだけの操作でできてしまうのです。その時に使う[キー]のことを『ショートカットキー』と呼びます。

これを覚えることで操作が早くなるのはもちろんのこと、マウスがなくても色々なことができるようになるので、「わたしパソコンができる」感が出ます(笑)

本当はめちゃくちゃたくさんあるのですが、その中でも普段パソコンをあまり使わない初心者の方でも覚える価値のある実用性の高いものを10個だけ紹介したいと思います。

 

①コピー

まずは基本中の基本である【コピー】です。先程も述べた通り、通常は[右クリック]→[コピー]となります。これがショートカットキーの場合は

[Ctrl]+[C]

キーボード左下にある[Ctrl](コントロールキー)と[C]を一緒に押す([Ctrl]を先に押してから[C]を押せば大丈夫です)ことで【コピー】することができます。

「コピーのC」と覚えると簡単です。

 

②貼り付け(ペースト)

コピーと合わせて覚えたいのが【貼り付け(ペースト)】です。コピーと合わせて使うことが多いので【コピー&(あんど)ペースト】→【コピペ】と呼びます。

「●●をコピペして~」なんて言い方をほぼ毎日してますね(笑)

貼り付け(ペースト)のショートカットキーはこちらです。

[Ctrl]+[v]

「ペーストのP…ではなくて、Cの隣のV」と覚えておきましょう。

 

③切り取り

続いては【切り取り】です。コピーとは違い、その文字を丸っと切り取っちゃう時に使います。削除ではなく切り取りなので、切り取った文字を[Ctrl]+[V]でそのまま貼り付けることが可能です。これも本来右クリックから行うものですがショートカットキーで一発でできます。ワードやエクセル等で文章を作ってる時に活躍できますよ。

[Ctrl]+[X]

「コピー(C)の左隣のX」と覚えておきましょう。

 

④1つ前に戻る

何気に大活躍間違いなしの機能で【1つ前に戻る】というものがあります。ワードやエクセルを使っていて[戻るボタン]を押すことはありませんか?間違って消してしまった時によく使うと思うのですが、実はこれにもショートカットキーがあります。ワードやエクセル以外にも、色々な場面で使えますので、是非覚えておきましょう。

[Ctrl]+[Z]

今まで紹介したショートカットキーは全てキーボードの1番下の文字を使ってます。これなら覚えやすいですよね?左から順番に

[Z]:1つ前に戻る

[X]:切り取り

[C]:コピー

[V]:貼り付け(ペースト)

 

⑤デスクトップの画面に戻す

ちょっと変わった機能ですが、覚えると便利なものに【デスクトップの画面に戻す】というものがあります。インターネットやったりワード使ったりフォルダが出てたり……と画面上がごちゃくごちゃすることってよくあります。で、デスクトップに置いてあるファイル開きたいのにそれが邪魔していちいち閉じたり最小化したり……めんどくさーい。そんな時にもってこいなのがこれ。

[Windows]+[D]

どうですか?一瞬でデスクトップが表示されましたよね。僕これめちゃくちゃ多用します。

[Windows]キーというのは、[Fn](ファンクション)と[Alt](オルタネート。通称「オルタ」)の間にあるWindowsのロゴの付いたキーになります。

ショートカットキーは先程までの【 [Ctrl」+[*] 】という形と【 [Windows]+[*] 】という形の物が多いです。

 

⑥アクティブなウインドウを最大化

Windows7から新しく搭載された機能で、【アクティブなウインドウを最大化】するショートカットキーがあります。

[Windows]+[↑]

インターネットなんかは常に最大化してあると思うですが、フォルダやテキスト画面だとそうでない場合が多く、ちょっと見づらいから右上の☓ボタンの隣を押して最大化させることってありませんか?

それがショートカットキーでできてしまうのです。便利だなぁ。

 

⑦アクティブなウインドウを左(右)半分に表示

同じような機能で【アクティブなウインドウ左(右)半分に表示】というのも同じくWindows7からできるようになりました。

[Windows]+[←(→)]

同時に2つのウインドウを開く必要がある時などに重宝できる機能です。マウスで行うにはクリックを保持したままで右に左に移動させないといけなかったので、この機能をよく使ってた方からすると目からウロコなショートカットキーではないでしょうか。

 

⑧スタートメニューを表示

紹介する順番間違えました。まぁいっか。意外と知られてないのがこれ【スタートメニューを表示】するショートカットキー。

[Windows]

実はも何もそもそも標準機能として、そのために用意されてるのが[Windows]キー単体としてスタートメニューを表示させるというもの。シャットダウンや再起動、その他諸々行うのにいちいちマウスでクリックするより断然早くできますね。

 

⑨タスクマネージャー等の表示

続いては[Alt]キーを使ったショートカットキー。その中圧倒的に使用するのがこれ、【タスクマネージャー等の表示】です。昔は強制終了(再起動)のためのショートカットキーでしたが、今は変わってますのでご注意。

[Ctrl]+[Alt]+[Delete]

ここからユーザーの切り替えやサインアウト、ロックなどもできます。が、もちろん1番使うのはタスクマネージャーの起動ですかね。と言っても初心者の方はタスクマネージャーなんて起動させないか……Σ(・∀・;)

 

 

⑩コンピュータ(PC)の表示

最後に紹介するのは【コンピュータ(PC)の表示】です。XPの頃は「マイコンピュータ」という名称だったので、「コンピュータ(PC)開いてください」と言っても通じないのですが、「マイコンピュータ開いてください」というと通じます。

[Windows]+[E]

この[コンピュータ(PC)]がパソコンの大元とも呼べるフォルダですので、とりあえずここ開いておけば色んなところへアクセスができます。マイドキュメントでもピクチャでもミュージックでも。筆ぐるめでもiTunesでもワードもエクセルも全部です。

 

まとめ

最後に一覧表をPDFにしたものを貼っておきますので、こちらからダウンロード&

印刷して使ってください。パソコンの前とかに貼っとくと良いと思います。

 

金曜ロードショーで千と千尋の神隠しやってましたね。歴代邦画圧倒的第1位作品だけあってTwitterでもトレンド入りしてました。ジブリって何回観ても楽しめるのが凄い。

かくいう僕は一度も観たことがないのですが、タイムライン見ててちょっと見てみたいなぁと思ったのであります。

こんなのあるんだー。

かおるやでしたUo・ェ・oU

 

最新情報をお届け!

かおるやの最新情報をいち早く手に入れたい方は下記のボタンからいいね!またはフォローをお願いします。

パソコントラブル即解決!

かおるやでは、パソコンが起動しない、インターネットに繋がらない等といった急なトラブルを解決するためにご自宅まで出張訪問でのサポートをしております。愛知県内(一部岐阜県もOK)にお住まいの方は、まずはお気軽にご相談ください