コラボ光の評判を調べてみたよ ~OCN光編~ ※追記あり

[記事公開日]2016年5月1日 [最終更新日]2017年10月18日

==

追記1(2017年10月18日):OCN光が遅いという方向けに、改善案を追記しました。

==

世間はGWだっていうのに、家族で旅行だっていうのに、天気は良好だっていうのに、僕は黙々PCとにらめっこ。嫌いじゃないですけどね、こういうの。みんなが遊んでる時こそ仕事!みたいな社畜脳、昔っからです。

おかげでネットがサクサク絶好調です。快調快調、頗る問題なし。仕事が捗る捗る。

インターネットの速度というのは、どこの会社もみんなで分けあって使いましょうっていう仕様になっています。ですので、その地域で同じISP(プロバイダ)を使ってる人が多く、また、その方々が同時に使ってしまうと回線速度は遅くなりやすいのです。つまり、GWでみんなが遊びに出かけてるだろう日中は比較的速度が出やすいってことですね。こういう事情があるので、どうしても夜のゴールデンタイムは速度が低下しやすい。そのことは前回でも軽く触れましたが、その辺りをわかっていない人の方が回線速度に不満を持ちやすい傾向があるのかもしれません。

 

OCN光

ocn1

”OCN 光”とはNTT東日本・NTT西日本が提供する光回線サービスとインターネット接続サービス「OCN」を一括で提供する通信速度最大1Gbpsのインターネットサービスです。

今回は満を持してISP界の大御所OCN光さんを検証してみました。ぶっちゃけますが、

OCN光に関するツイート数多すぎいい!

ソネット光やビッグローブ光の比じゃなかった…。おかげで9月30日のツイートまでしか遡れず仕舞い。ちょこっと不服ではありますが、その中でも激選したTwitter民の声をどうぞ!

 

 

 

ちょっとピックアップ大杉でしたけど、これでもかなーり絞りました。だってね、集計期間は9月30日~今日までと約1ヶ月少ないのに、速度に関するツイートしていた人はなんと107人!ビッグローブ光の2倍!ソネット光の5倍!速度以外のつぶやきも多かったので正直集計めんどくさかったよー。なお107人の内、高評価27人、低評価80人!OCN光を批判してた割合は75%でした。今のところ1番少ないね。

でもって、やっぱりビッグローブ光と同じでゴールデンタイムの速度低下についてが多かったです。これはもうしょうがないよねっていう。どこの回線(ISP)でも同じな気がします。逆にこんなツイートもあって

 

初めて見ました。約1ギガ。出るもんだ…。しかもこんな時間に。相当ベストエフォートしたね!!

 

速度にも個体差がある

使用する端末によって速度が変わることはあります。10年前のwindowsXPより最新のwindows10のPCの方が製品自体の性能が格段に上なので、同じ回線を使っていても速度は違うものです。飛び交ってるWiFiの速度は理論的には一緒なんだけど、受信する規格も色々あるので、多くはそれの違いになると思いますけど。

で、今回見ていたツイートで中々面白い結果が載っていたのですが、

 

 

 

ここまで変わるのか!と。

画像から推測するに、左のスマホは京セラのDIGNO。モデル的には2013年のDUAL 2 WX10Kという物かと思われる。ワイモバイル向けのアンドロイドですね。

で、右はSONYのエクスペリア。これ多分Z5だと思うんだけどなぁ。

さすが世界のエクスペリアなのか、言うても最新機種だからなのか。DIGNOがめちゃくちゃ遅いっていうわけでもないけど、エクスペリア凄い。さすが。あっぱれ。

で、スマホでこれだけ差が出るとなると、PCでももちろん性能の差が出るだろうね。

 

6月1日より「速度制限」開始

OCNと言えば6月1日から速度制限をすることが以前ニュースで話題になっていました。

固定回線のくせに速度制限とかふざけんな!

とTwitterでも叩かれまくっていましたが、これってけっこう勘違い。対象となるのは一部のヘビーユーザーだけなんですよね。普段から特別過剰に使用しているわけではない多くのユーザーからすると、むしろラッキーなはずなんです。ちゃんとHPにも書かれています。

この制御対象となり得るのは、その時点において他のお客さまと比べて極めて利用量が多いために帯域を占有している回線であり、一般的な動画視聴やゲーム等での利用や大容量データの送受信を制限するものでもありません

ほら。なので今後OCN光やプロバイダOCNの人は速度が出やすくなるかもしれませんね。

 

追記 とっておきの改善策

OCN光に限らず、他のコラボ光でも、速度の遅さで悩んでる人は多いです。そうは言っても何か対応策があるわけではなく、できることと言えば、せいぜいルーターを買い換えるくらいです。そこで、いっそのことドコモ光にしてみてはどうでしょうか?

ドコモ光はOCN光と違い、プロバイダを選ぶことができます。同じNTT回線を使っていても、プロバイダの違いで速度が全く異なるというのは有名な話です。(というか事実です)

OCN光からドコモ光に切り替えると、違約金などはかかってしまうかもしれませんが、それを超える「速度」という恩恵を受けられる可能性が高いです。

理由は2つです。1つは先程言った通り、プロバイダが変わるからです。

実はネット速度というのは、もちろん回線の影響も大いにあるのですが、もしかしたらそれ以上にプロバイダの影響があると言われています。OCN光の場合、プロバイダは強制的にOCN一択となりますが、ドコモ光の場合は20社程の中から選ぶことができるのです。

つまり、選んだプロバイダで速度がイマイチなら、他のプロバイダへ変更してしまえばいいのです。手数料はたったの2,000円ですので、けっこう気軽に変更できます。(僕も経験済みです)

そしてもう1つがIPv6です。いきなりIPv6と言われても「????」だと思います。あまり深く考えなくていいのですが、簡単に言えば「速いネット」です。この「速いネット」であるIPv6がドコモ光の一部のプロバイダであれば簡単に使うことができるのです。

それがGMOとくとくBBのドコモ光です。

他のプロバイダと違い、GMOとくとくBBの場合、IPv6を使うための設定とルーターが不要です。なぜなら

IPv6が設定された高性能無線LANルーターが無料で送られてくる

からです。

実は、OCN光でもIPv6が使えなくはないのですが、設定がややこしいのと、対応してるルーターを購入しなくてはいけないというデメリットがあります。それこそOCNというプロバイダの影響も受けてしまうので、既に遅いOCN光でIPv6を使えるようにしても、本当に効果があるのか不安にもなると思います。

また、他のドコモ光でもIPv6が使えるプロバイダはありますは、OCN光と同じく設定がややこしく、それこそルーターを買い直さないといけないかもしれません。

IPv6の設定は正直一般の方には難しいと思われますし、IPv6対応の無線LANルーターを購入するとなると1万円くらいはします。

だから、GMOとくとくBBなのです。

ぶっちゃけ名前はあまり聞いたことないかもしれませんが、目下契約数をグングン伸ばしているプロバイダです。先程も言った通り、GMOとくとくBBであれば、IPv6の設定がしてある高性能無線LANルーターが無料で送られてくるので、ユーザー側は何もしなくていいんです。送られてきた無線LANルーターの線だけ繋げば、その瞬間からIPv6の光速インターネット(Wi-Fi)が使い放題になるのです。

OCN光の遅さに頭を悩ますくらいなら、いっそ切り替え費用払ってでもドコモ光に乗り換えるというのも1つの手だと思います。

▶▶GMOとくとくBBについて詳しく見てみる

 

今日のまとめ

OCN光を高評価してた人は全体の25%だけだった

たくさん使う人は速度制限されてしまう

速度を改善したいなら、いっそのことドコモ光への切り替えを検討するのも手かもしれない

 

ネットの速度が影響されるのは、1にプロバイダ、2に周りの環境、3にルーターだと思います。

他にも色々な記事を書いていますので、是非参考にしてみてください。かおるやでしたUo・ェ・oU

参考になったなぁと思った方はTwitterやFBからコメント、ツイートしていただけると喜びます(笑)

 

最新情報をお届け!

かおるやの最新情報をいち早く手に入れたい方は下記のボタンからいいね!またはフォローをお願いします。

パソコントラブル即解決!

かおるやでは、パソコンが起動しない、インターネットに繋がらない等といった急なトラブルを解決するためにご自宅まで出張訪問でのサポートをしております。愛知県内(一部岐阜県もOK)にお住まいの方は、まずはお気軽にご相談ください