【トラブル解決】最新版のiTunesがインストールできない場合の対処法(Windows共通)

[記事公開日]2017年9月29日

本日は「iTunesがインストールできない」というトラブルを解決してきました。

エラーの内容

このWindowsインストーラパッケージには問題があります。

このインストールを完了するのに必要なプログラムを実行できませんでした。

サポート担当者またはパッケージのベンダに問い合せて下さい。

 

PC スペック

富士通ノートパソコン

OS:Windows7 SP1 64ビット

 

トラブル内容

お客様からヒアリングした情報は以下の通りです。

  • iPhone8を購入したので、元々使っていたiPhone6sのバックアップを取った
  • 続いてiPhone8をPCと接続したら、iTunesを最新にしてくださいと表示された
  • 画面の指示に従いiTunesをアップデートしようとしたらエラー画面が出た
  • 一旦iTunesをアンインストールし、再度最新のiTunesをインストールしようとしたが同じエラーが出てインストールできない

ざっくり言うとこんな感じでした。

 

試したこと

前回と同じ轍を踏まないために、ひとまず自分で再現してみました。

まず、ちゃんとiTunesがアンインストールされてることを確認する。ダウンロードフォルダにiTunesのインストールファイルはあったが、改めてAppleの公式サイトから最新版のiTunesをダウンロードする。

この時、Windows7の64ビット対応の物であることを再度確認。

理由はこちら。

ダウンロードが終わったら、他のアプリケーションを全て終了させてインストールを実行。

ヒアリング通りのエラーが発生。

 

原因の切り分け

最新のiTunes全てで起こっているのか、ダウンロードしたexeファイルに問題があるのか、はたまたパソコン自体に問題があるのかの切り分けを行いました。

  • 試験用パソコン(Windows7)に先程ダウンロードした最新版iTunesをインストールしてみる→問題なくできた
  • 試験用パソコン(Windows7)で最新版iTunesをダウンロードし、それを症状が起きているパソコンに移しインストールしてみる→同じエラーが発生

以上のことから、エラーが起きているパソコンに問題があることがわかりました。

 

解決方法 Apple Software Updateの修復

今回はApple Software Updateの修復で解決しました。

  1. コントロールパネル
  2. プログラムのアンインストール
  3. Apple Software Updateの「修復」

修復完了後、改めてiTunesをインストールすると、無事セットアップが完了しました。インストールに要した時間は5分程です。

 

まとめ

iPhone8は最初からiOS11になっているため、最新版のiTunesでないと復元ができません。

できれば、旧iPhoneでバックアップを取る時点で、先にiTunesを最新版にアップデートしておくことをオススメします。

また、旧iPhoneも最新のiOSにアップデートしておくことをオススメします。

バックアップ時と復元時でiOSやiTunesのバージョンが異なると、復元に失敗する可能性があるからです。これはiPhone7の時に何人も犠牲者が出ています。

※旧iPhoneを下取りに出してしまい、バックアップを取り直すこともできないという大惨事

 

Apple社製品はWindowsと違って、容赦ないです。突如として仕様が変わり、平気でリスクを取らせてきます。

iPhoneユーザーはこの辺りを重々承知した上で使用してくださいね。かおるやでしたUo・ェ・oU

最新情報をお届け!

かおるやの最新情報をいち早く手に入れたい方は下記のボタンからいいね!またはフォローをお願いします。

パソコントラブル即解決!

かおるやでは、パソコンが起動しない、インターネットに繋がらない等といった急なトラブルを解決するためにご自宅まで出張訪問でのサポートをしております。愛知県内(一部岐阜県もOK)にお住まいの方は、まずはお気軽にご相談ください