分譲と賃貸はどっちがオトクなのかを不動産会社に勤める友人に聞いてみた

一戸建てもマンションも、どっちも捨てがたい。でも、どっちにしろ買うより借りた方がいいのでは?と思っている僕です。

理由は簡単で、たとえ新築でも10年も経てばボロが出てくる。とはいえ引っ越すわけにもいかない。となるとリフォームして綺麗にするか、見て見ぬフリを続けるか、二者択一。

僕はめっぽう綺麗好きなつもりなので、汚いお家は無理な人です。

だったら賃貸で5年毎に引っ越す方が常に綺麗な家に住み続けることができるよねって、そういう考えの持ち主です。

というわけで、一戸建てを賃貸って、あんまりイメージない(きっと多くない)ので、必然的にマンション一択になるんだけど、どうもそうじゃないらしいってのが今回の本題です。

 

アドバイスをくれたのは不動産屋の友人

ということで、たまたま会うことになった不動産屋で働く友人に今の話をしたところ、けっこうばっさり切られてしまった。

何かって言うと「引っ越すことを前提に考えてるから賃貸一択という発想は情弱だ」らしい。

彼は、どちらかと言うと一戸建ての建売が担当らしく、会う度に家を買え買えうるさいのだけど、今回は真面目な相談っぽくなったので真剣にアドバイスをしてくれた。

彼曰く、「もちろん賃貸マンションで引っ越すのはアリ。でも、かおるやみたいな考え方なら、むしろ分譲マンションで引っ越す方がいいのでは?」とのことだった。

分譲マンションなのに引っ越す?まさかの回答である。てっきり一戸建てを買えと言われると思ってた僕はけっこう目が点になってました。

 

今はマンションが高く売れる時代

色々話を聞いてみたところ、今はマンションが高く売れる時代だと言う。もっと言うと新築よりも中古マンションの方が需要があるらしい。んなばかな。

参考

1月の首都圏中古マンション、成約価格は前年比7.0%上昇、東日本レインズスーモジャーナル

成約m2単価は前年比で4.6%上昇し51.60万円/m2、成約価格は前年比で7.0%上昇し3,359万円、ともに2013年1月から61ヶ月連続で前年同月を上回った。

本当でした。

これは2018年2月の記事ですが、首都圏の中古マンションの成約価格が前年比7%アップしたそうです。「たったの7%か~」ってまさか思っていないですよね?マンションの価格の7%ってめちゃくちゃ大きいですよ。

仮に3000万円だとしましょうか。7%って言ったら210万円です。210万円ですよ?それでもたったの7%とか言っちゃいますか?

ちなみに厚生労働省の発表によると、一般企業における新卒の年収は200~230万円だそうです。

大卒の新人が1人雇えるだけのお金が1年間でアップしたんです。中古マンションやばい。

 

 

しかもたくさん売れている

で、高い高いって言っても、一部のマンションだけであって、みんながみんな売れてるわけじゃないんでしょ?っていう疑問がすぐに浮かぶわけですが、違いました。成約件数も軒並み上がってました。

参考

東日本レインズ、中古マンション成約数増加ノムコム

首都圏中古マンションの成約件数は8791件で、前年同期比0.8%増となった。

四半期の成約件数増加は10期連続。

はいー伸びてるー。これは2017年10月の記事ではあるんですが、まぁその時点で10期連続増加ってやばい右肩上がりだよね。こりゃ文句なしです。

なんでこんなに売れてるのかっていう話はここでは割愛しますが、とにかくマンションが売れてるのは事実でした。

 

分譲から分譲もアリかもしれない

これだけマンションの需要があるなら…とは思ったけど、本当に売れるのかが凄く心配。だってマンションなんて売ったことないし。

僕が売ったことあるのはせいぜいパソコンと、後はメルカリで要らない服とかを少々。こんなのマンションを売る際に何の役にも立たない気がする。

 

まぁ全く役に立たないね。でも大丈夫。今は便利な時代だから。

 

と彼はやけに自信満々でした。まぁそりゃ不動産屋なら色んなノウハウ持ってるだろってね。つまり僕は彼の力を借りて売ることができるから、安心してマンションを買えってことか。なるほど。なんて営業の仕方なんだ…。

 

と思ってたら違いました。

 

マンションを高く確実に売るコツ

彼は先述の通り一戸建て専門。マンションは担当ではないらしく、実はそれほどノウハウもないらしい。ここには書かなかったけど、実は色々したり顔で分譲マンションのメリットとか聞かされており、てっきりマンションを売りつけられるのかと思ってました。

どうやらそうではなく、純粋の僕のことを思って調べてきてくれてたらしい!なんて親切なんだ…。

で、彼曰く、今の時代はなんでもかんでもネットだろってことでした。

はい、まさに盲点でした。日頃からドヤ顔でインターネットを使いこなしていた僕です。その僕に対して彼が

 

ネット使えよ

 

って言うわけです。あー、これってまさに情弱の行動だよなぁ…と自戒。

ネット使えば比較的簡単にマンションを売ることができるんだとか。

(「マンションのメルカリでもあるの?」って聞いたのは内緒)

 

 

マンションにも比較サイトがある

まぁメルカリのマンションバージョンがあるのっていうのは冗談(少し期待はしたが)ですが、マンションの一括査定サイトっていうのがあるらしい。

イメージとしては引っ越しの比較サイトに近いかもしれない。

複数の不動産会社に一括査定をしてもらえる模様。その上で好きな不動産屋に仲介をお願いする、みたいな流れです。んー、ちょっとわかりづらい。

マンションを売るにしても、まずお客さんを探さなきゃいけないよね。でも、そのお客さんを探すのって僕らでは無理だから不動産屋さんに頼むしかないんだけど、不動産屋さんって日本中にめっちゃあるわけ。

で、どこの不動産屋さんに頼めば、できるだけ高く早く売ってくれるかっていう話なんですが、それって全然わからないでしょ。

だからまずは不動産屋さんを選ぶところがマンションを売るスタートラインになる。

で、その無数にある不動産屋さんを比較してくれるサイトがあるらしい。しかも1つ2つじゃなくて結構いっぱいあるらしい。

となると、どの比較サイトを使えばいいのかすらわからないでしょ?だから、その比較サイトを比較してくれてるサイトがあるんですよ。

もうね、何言ってるか自分でもよくわかんなくなってくるよね。

 

今回不動産屋の友人から教えて貰った比較サイトは「マンション売却123」というところでした。このサイトはマンション売却についてのハウツーが色々書いてあるんですが、その中のこのページ「不動産一括査定サイト8社を徹底比較!注意点とデメリットまで解説」です。

参考

不動産一括査定サイト8社を徹底比較!注意点とデメリットまで解説マンション売却123

ここで先程の不動産会社比較サイトの比較をしてくれています。あーわかりづらい。

不動産会社比較サイトってのが有名どころで8つあるようで、その8つを比較してくれてるわけです。その中で自分に合った比較サイトを使って、仲介役となる不動産屋を見つけましょう、という話。

なるほど、結局そこは自分でやらなきゃいけないわけか。そりゃそーよね。

 

 

マンションにも高く売るコツとかある

で、先程の「マンション売却123」のサイトを興味本位で少し見てみたんですけど、けっこうマンションって奥が深いですね。そしてなんか面白い。

まだ買ってもないのに、売るときのこと考えるのも変かもしれないけど、色々勉強になった。って不動産屋の彼に言ったら

 

売るときのことを考えてから買うなんて常識中の常識だから

 

と怒られてしまいました。出口戦略とかなんとかって言うみたい。なるほど、確かに納得できるけど。

で、そのマンションを高く売るコツとか、どういう契約書とか縛りがあるとか、まぁ買う前にも知っておくと為になるなっていう話とかも色々ありました。

もちろん、これから売ろうとしてる人なら尚更知っておいた方が良いっていうか、もはや知らないとまずいっていう話まで色々。

今マンション持ってる人も、これからマンション買おうかって人も是非読んでみてください。面白いですよ。

参考

マンション売却の流れや売る時に失敗しないための注意点を解説!マンション売却123

 

 

売るリスクが少ないなら資産になる分譲マンションもアリ

というわけで、売るときのリスクが少ないなら分譲マンションもアリかもしれません。資産にもなるし。

いやまぁ、資産持ってるって言いたいだけみたいなところもあるけど。もちろんずーっと賃貸でも良いんだけどね。今のところ困ってないし。

でもまぁ、僕もそろそろ良い歳なんで、マンションの1つ2つ持っててもおかしくないのかなって思いました。(言い過ぎ)

 

今日はこんな感じで。かおるやでしたUo・ェ・oU