【絶対やるべき】無料で加入できるフリーランス向け補償サービス「フリーナンス」が激アツな件

【絶対やるべき】無料で加入できるフリーランス向け補償サービス「フリーナンス」が激アツな件

「フリーナンス」って知ってますか?

2018年10月に始まったフリーランス向けのサービスなんですが、このサービス内容がとんでもないんです。

「フリーナンス」に登録すると、あなた専用の口座を開設することができます。

これは正直言うと「で?」っていう話でしょう。だって、今だって銀行口座くらい持ってるでしょうから。

そうじゃないんです。

この「専用の口座」を開設し利用することで、とっても素晴らしい2つの恩恵を受けられるようになるのです。

 

1つ目は「請求書の買い取り」です。これはキャッシュフローが厳しい人にとってうれしいサービスでしょう。

ですが、それは一部の人に限られます。そうじゃなくて、フリーランスの方なら誰にとっても超激アツなサービスがあるんです。

それが「仕事保険」です。

簡単に言うと、仕事で何かやらかしたときに最大5000万円まで補償してくれます。

やばくないですか?そんな素晴らしいサービスが、なんと無料で付帯しているのです。

 

今日はフリーランスの方は絶対登録しておくべき「フリーナンス」を紹介したいと思います。

フリーランスに登録=専用の口座を作る

フリーランスに登録することで、自分専用の口座ができあがります。

このままでは大した意味がありません。

この自分専用口座があることで「請求書の買い取り」ができるようになります。

また、この自分専用口座を継続的に利用するだけで「仕事保険」に無料で加入できるのです。

自分専用の口座に振り込まれたお金は毎週個人口座に振り込まれる

例えば、とある企業と仕事をした際に送る請求書の振込口座を、このフリーナンスの自分専用口座に指定したとします。

期日になると先方は「フリーナンスの自分専用口座」にお金を振り込みます。まぁ当たり前の話ですが。

そして「フリーナンスの自分専用口座」に振り込まれたお金は、毎週金曜日にまとめて「個人口座」に振り込まれます。

わざわざ「フリーナンスの自分専用口座」を間に通す意味あるの?

純粋にお金の動きだけを見ると、これは全く意味がありません。

意味がないどころか、わざわざフリーナンスを介する分、自分の元にお金が入ってくるのが遅くなっちゃいますよね。

なんじゃこりゃ。

「請求書の買い取り」ができるようになり「仕事保険」が無料で付帯する

ということで、それではユーザーには何のメリットもなくなってしまいます。

そこで登場するのが「請求書の買い取り」と「仕事保険」です。

「フリーナンスの自分専用口座」を利用している人には、この2つのサービスが利用できるようになる、ということなんです。

 

1つずつ解説していきますね。

1ヶ月先にしか入金されないお金をフリーナンスが肩代わり

まず先に「請求書の買い取り」サービスについて説明します。正式なサービス名は「即日払いです。

通常、企業様なんかと仕事すると、お金払ってもらえるのって翌月末だったりしますよね。

2月に仕事完了して請求書を送ると3月末に口座に振り込まれる、みたいな。

この「本来振り込まれるはずのお金をフリーナンスが代わりに即日で振り込んでくれる」というサービスなのです。

だから「即日払い」と言います。

フリーナンスが請求書を買い取る、というイメージ

流れ的にはこうなります。

  1. 企業様に請求書を送る(本来の振込は翌月末)
  2. すぐさまフリーナンスにその請求書を送る
  3. 自分専用口座にお金が振り込まれる(最短即日)
  4. 翌月末、企業様はフリーランスで作った自分専用口座にお金を振り込む

こんな感じです。

図で説明しましょう。

FREENANCE即日払いのフロー

画像引用:フリーナンス公式サイト

このまんまです。

請求書に記載する口座はフリーナンスの自分専用口座

請求書には口座情報を記載すると思いますが、この口座情報を先ほどの「フリーナンスの自分専用口座」にします。

行う作業はこれだけでOKです。

自分名義の口座なので企業様にはバレない

企業様が振り込む先の口座(「フリーナンスの自分専用口座」)は、あくまで「自分名義」なので、それが「フリーナンスが管理している口座」であることはバレません。

つまり「請求書買い取り」サービスを利用していることは一切バレません。

これが請求書買い取りサービスです。

「企業様からの入金が1ヶ月先でキャッシュフローがしんどいんだよねぇ」なんて悩みがある方に、とっても喜ばれるサービスではないでしょうか。

 

即日払いの注意点
  • 手数料が3%~かかる
  • 買い取り額は最大300万円まで
  • ただし、専用口座や即日払いの利用歴、利用額に応じて手数料が下がる

 

仕事中のミスで発生した賠償金用の保険に入れる

「請求書の買い取り」も画期的なサービスでしたが、個人的には「仕事保険」の方がとってもうれしい、助かります

仕事をする上で、どれだけ注意を払っていてもミスはつきものですよね。

会社だったら、会社の保険が使えるので「失敗を恐れずに挑戦!」とかもできますが、個人事業(フリーランス)ではそうはいきません。

失敗=自己責任、ですから、けっこう常にビクビクしてたりします。

僕なんかはパソコンの修理とかがメインなので、それこそ不可抗力でパソコン壊しちゃったり、情報漏えいをしてしまったりしちゃった日にはもう終わりですよ。

想像を絶する多額の賠償金を請求されることでしょう。

そういった不安、リスクをなくしてくれるのが、フリーナンスの「あんしん補償」なのです。

サービス名は「あんしん補償」最大5000万円まで

わかりやすくするために「仕事保険」と言っていましたが、フリーナンスのサービス名は「あんしん補償」と言います。

最大5000万円まで補償してくれるんです。

あんしん補償の補償範囲と補償額 ※公式サイトより引用
補償の範囲 具体例 補償額
業務遂行中の事故 陸上競技をドローン撮影中、突風により操縦不能に陥り、選手に怪我をさせてしまった。 最高5,000万円
仕事の結果の事故 市の依頼で作成したゆるキャラのきぐるみの設計上のミスにより中の人が酸欠状態で病院に運ばれた。 最高5,000万円
受託物の事故 写真撮影用に預かっていた新製品の模型を、アシスタントが転んで壊してしまった。 最高5,000万円
情報漏えい 業務に使用するパソコンがウィルスに感染し、企業情報が漏えいし、発注者に営業損失が発生した。 最高500万円
著作権侵害 発注者へ納品した成果物が第三者の盗用にあたるとされ、第三者から損害賠償請求を受けた 最高500万円
納品物の瑕疵 納品したシステムに不具合が生じ、システムの使用不能期間の代替手段に要する費用が発注者に発生した。 最高500万円
納期遅延 職場が罹災し、納期に間に合わなかったため、発注者から損害賠償請求を受けた。 最高500万円

どれもこれもあるあるですよね。

これらの損害賠償を補償してくれるというわけです。めちゃくちゃ助かります。

自分専用口座を利用することだけが条件

フリーナンスに登録をすると与えられる自分専用口座。

この口座を継続的に利用することだけが「あんしん補償」に加入するためのたった1つの条件です。

先ほどの「請求書の買い取り」を利用する必要はありません。

あくまで「自分専用口座」を利用するだけでいいんです。

定期的に仕事をする企業様からの振込先を変えればOK

「自分専用口座」の継続的な利用が条件ですので、どこか定期的に仕事を頂いている企業様からの振込先を、フリーナンスの自分専用口座に変えてしまえばOKです。

ランサーズやクラウドワークスの口座でもOK

そうはいっても、なかなかそういった企業様がいない場合もあります。

その場合、ランサーズやクラウドワークスでも全く問題ありません。

会員登録ページから、口座情報を「フリーナンスの自分専用口座」に変更してしまいましょう。

【無料】フリーナンスを申し込む >

 

フリーで仕事しているなら、絶対使っておくべきサービスだ

僕は「請求書の買い取り」は使いません。おかげさまで今のところキャッシュフローには困っていないもので。

ですが、「あんしん補償」はとっても欲しかったサービスでした。

やはり扱うものがパソコンなどの機器なので、うっかり落として壊してしまった日には何十万円という支払いが発生します。

最近はロボットを扱うことも増えており、アイボやアトムなんかだとそれこそ30万とか40万とかしますからね。

万が一のことを考えたら仕事を受けるのも恐ろしかったくらいです。

そんな不安が「あんしん補償」で消えそうです。いや、本当に。

言わずもがなですが、知った瞬間に申込みました。

一応審査があって、なんやかんや1ヶ月後くらいになりそうですが、無事に登録できることを祈っています。(2019年3月時点ではまだ申込中)

フリーランスで活動してる方に絶対おすすめできるサービスです。

なんかあってからでは遅いですからね。覆水盆に返らずです。かおるやでしたUo・ェ・oU

【無料】フリーナンスを申し込む >