【格安SIM比較】ネットより通話がメインな人向けなのはどれ?(ドコモ回線)

eye-cacth-tuuwa-mvno

格安SIMへ切り替える理由はなんでしょうか?その最もなる大前提が通信料を少しでも安くしたいからです。はっきり言ってただ安くしたいだけであれば、どの格安SIMを選んでも大丈夫です。大手3キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)よりは安くなります。

でも、そうじゃないですよね?ただ安くしたいだけじゃない。安くして、さらに◯◯したい。それは人によって様々だと思っています。

今回は、数ある格安SIMの中から、ネットよりも通話がメインの人におすすめの3社をご紹介したいと思います。

 

1.何時間喋っても何回かけても1,500円

まず、ご紹介するのは、とにかくたくさん電話するよ!という方におすすめしたいイオンモバイルの格安SIMです。

あのスーパーのイオンが提供する格安SIMです。ネームバリューは抜群ですね。

tuuwa-mvno1

イオンモバイルでは、月々たったの1,500円で好きなだけ思う存分話したい放題になるオプションがあります。国内であれば固定電話も携帯電話もIP電話も全てかけ放題です。素晴らしい。

通常の090番号とは別に050番号が付与され、この番号を使って通話することで話し放題になります。050番号なので、つまりIP電話(ネット回線を利用した通話)になります。

IP電話と通常の電話の違いは、品質と言われています。一般的にIP電話の方が品質がよろしくなく、若干聞き取りづらい時があるようです。聞こえ方(印象)も違います。LINEの無料通話もIP電話なのですが、使ったことがあればなんとなくわかるでしょうか。

なにはともあれ、主な料金プランを見てみましょう。

イオンモバイル料金プラン(一部)
プラン/データ量500MB1GB2GB4GB<備考>
データプラン
+かけ放題
なし1,980円2,280円2,480円
SMS付きデータプラン
+かけ放題
なし2,120円2,420円2,620円SMS使用可
通話プラン
+かけ放題
2,680円2,780円2,880円3,080円090番号使用可
20円/30秒

この050番号で話し放題オプションはデータのみプランにも付けることができます。090番号がなくてよければ最安1,980円で毎月使用することが可能です。

続いて大手キャリアと比較してみましょう。どれくらい安くなるのでしょうか。

【比較】イオンモバイルとドコモ
かけ放題+データ量(2GB)料金
イオンモバイル
(通話プラン+かけ放題)
2,880円
ドコモ
(かけ放題+データSパック)
6,500円
差額-3,620円
年間お得額43,440円

差額3,620円(56%オフ) 年間43,440円もお得に

半額以下になってしまいました。年間で4万円以上も差が出るなら、ファストパス付きのUSJチケットが買えちゃいますね。

・USJ周辺ホテル格安予約は一休.com

 

なお、この050番号は通話料こそかかりませんが、IP電話になるのでデータ通信料が少しだけかかります。

※1分間の通話で約250KB(1時間の場合15MB)

国際電話でも使えるのですが、その際も通信料がかかるのでお気をつけ下さい。(国外とのIP電話の場合、高額のパケット通信料が発生する場合があります)

・イオンモバイルのお申込みはこちらから

一部のイオンでは店頭申込み可能です。取扱い店舗の検索はこちらからできます。

・イオンスマホ取扱い店舗一覧

 

2.【090番号】で5分以内通話無料

続いてご紹介するのは、たくさん電話はするけど1回の電話自体は5分以内で終わるよ!という方におすすめしたいフリーテルです。

「フリーテル?聞いたことないけど大丈夫なの?」

はい、名前は聞いたことないかもしれませんが、こちらのCMは観たことがあるんじゃないでしょうか?

そう、あの佐々木希が出演して「可愛すぎる!」と話題になった格安SIMがフリーテルなのです。設立4年とまだまだ若い会社ではありますが、資本金62億と急成長を遂げています。有線放送のUSENで資本金60億ですから、会社の規模感がお分かりいただけると思います。

さて、そのフリーテルでは、月々たったの840円5分以内の通話が何回でも無料になるオプションがあります。しかもイオンモバイルのような050番号(IP電話)ではなく、090番号で通話できます。

でも、1回の通話って5分以内に収まるものでしょうか?普段もっと長く話してるイメージ強いですよね。ところが、総務省が発表しているデータ※によると1回あたりの平均通話時間は

2分31秒しかないのです。

なんと3分を下回るんですね。試しに一度計ってみるとわかるのですが、意外と1回の通話時間は短いものなんです。

※通信量からみた我が国の 音声通信利用状況【平成26年度】

では、フリーテルの主な料金プラン(5分かけ放題オプション付き)を見てみましょう。

フリーテル料金プラン(一部)
プラン/データ量1GB3GB5GB<備考>
通話プラン
+1分かけ放題
1,598円1,999円2,619円超過分は20円/30秒
(アプリ使用で10円/30秒)
通話プラン
+5分かけ放題
2,039円2,440円3,060円超過分は20円/30秒
(アプリ使用で10円/30秒)

※1分かけ放題(399円)というのもあったので参考までに並べておきました。

1GBプランと組み合わせれば月々2,039円で利用することができます。安いですねぇ。大手キャリアと比較するとどうでしょうか。

【比較】フリーテルとドコモその1
5分かけ放題+データ量(5GB)料金
フリーテル
(通話プラン+5分かけ放題)
3,060円
ドコモ
(カケホーダイライトプラン+データMパック)
7,000円
差額-3,940円
年間お得額47,280円

※ドコモの場合、カケホーダイライトにするとデータMパックしか選べないため5GBで合わせました。

差額3,940円(56%オフ) 年間47,280円もお得に

こちらも半額以下に。年間で5万円近くもお得になるのか…。これだけ差額が大きいと真剣に格安SIMに変えたくなりますね。(切実)

 

参考までに以下も御覧ください。

【比較】フリーテルとドコモ その2
5分かけ放題プラン(1GB vs 5GB)料金
フリーテル
(5分かけ放題+データ1GB
2,039円
ドコモ
(カケホーダイライトプラン+データMパック5GB)
7,000円
差額-4,961円
年間お得額59,532円

※フリーテル1GB、ドコモ5GBの比較になります。

【比較】フリーテルとドコモ その3
1分かけ放題+1GB vs 5分かけ放題+5GB料金
フリーテル
1分かけ放題+データ1GB
1,598円
ドコモ
(カケホーダイライトプラン+データMパック5GB)
7,000円
差額-5,402円
年間お得額64,824円

※フリーテル1分かけ放題+1GB、ドコモ5分かけ放題+5GBの比較になります。

・フリーテルのお申込みはこちらから

 

余談。実はフリーテル以外にも5分かけ放題プランがある格安SIMはあります。楽天モバイルとOCNモバイルONEとIIJIOです。

ではなぜ僕がフリーテルを推したかと言うと、――データプランが1GBから選べる※ ②LINEの通信料が無料 ③最低利用期間(いわゆる2年縛り)がない ――以上の3つがその理由です。フリーテルはただ安いだけじゃないんです。これぞまさに格安SIMに望むものだったのではないでしょうか?

※OCNモバイルONE、IIJIMOの最小プランは3GB、楽天モバイルは3.1GB。

 

3.【60分】の無料通話が付いて650円

最後におすすめしたいのが、60分の無料通話が650円で付いてくるBIGLOBE(ビッグローブ)です。ビッグローブに関しては通信界において知らない人はいないと思いますので説明不要ですよね。

tuuwa-mvno2

そんなビッグローブでは、60分の無料通話が650円というオプションがあります。30秒あたり約5円になるので、通話料が通常の1/4になります。

毎日電話するわけではないけど、1回辺りの通話時間が5分を超えるような方であれば凄くお得になるわけです。主な料金プランを御覧ください。

ビッグローブSIM料金プラン(一部)
プラン/データ量1GB3GB6GB<備考>
通話プラン
+通話パック60
2,050円2,250円2,800円超過分は20円/30秒
(アプリ使用で10円/30秒)

1GBプランとの組み合わせで月々2,050円。これも安いです。

そこで、この通話パック60がどれくらいお得なのかを他の格安SIMと比較した結果がこれです。

60分通話した場合の通話料金比較
格安SIM種類通話料差額
ビッグローブSIM
(通話パック60)
650円
専用アプリがある場合
(10円/30秒)
1,200円+550円
専用アプリがない場合
(20円/30秒)
2,400円+1,750円

通話用の専用アプリがある格安SIM(フリーテル等)が増えてきていますが、それと比べても毎月550円安くなり、年間では6,600円お得に。

専用アプリがない格安SIM(イオンモバイル等)と比べた場合は毎月1,750円も安くなり、年間では21,000円もお得なります。大きいですね。

また、ビッグローブSIMでは10月27日から3分かけ放題の新プランが始まります。既に3分格安SIMを始めているIIJMIOとの比較表も載せておきますので参考にしてください。

ビッグローブSIMとIIJMIO 3分かけ放題プラン 料金比較(一部)
プラン/データ量1GB3GB6GB<備考>
ビッグローブSIM
通話プラン+3分かけ放題
2,050円2,250円2,800円超過分は20円/30秒
(アプリ使用で10円/30秒)
IIJMIO
通話プラン+3分かけ放題
なし2,200円2,820円超過分は20円/30秒
(アプリ使用で10円/30秒)

やはり1GBプランが選べるBIGLOBEに若干の優位性があるなぁと思います。インターネット使わない人って本当に使わないですからね。

・BIGLOBEの格安SIMをお申込みの方はこちらから

 

 

おわりに

今回は通話料金に特化した形でおすすめの格安SIMを3つ紹介しました。いかがでしたでしょうか?

最後に、今日出てきた3社+比較対象になった4社のオプション一覧を載せて終わりにしたいと思います。

格安SIM オプション一覧
SIM名/OPデータ繰越データ追加留守番電話最低利用期間解約金
イオンモバイル480円/1GB300円なしなし
フリーテル300円なしなし
OCNモバイルONE540円/0.5GB300円6ヶ月8,000円
IIJMIO200円/100MB300円12ヶ月残月×1,000円
(初月0ヶ月)
楽天モバイル300円/100MB300円12ヶ月9,800円
ビッグローブSIM300円/100MB300円12ヵ月8,000円
NTTドコモ1,000円/1GB300円24ヶ月9,500円

あなたにとって最適な格安SIMが見つかりますように。かおるやでしたUo・ェ・oU

 

最新情報をお届け!

かおるやの最新情報をいち早く手に入れたい方は下記のボタンからいいね!またはフォローをお願いします。

パソコン・スマホの悩みご相談ください。

かおるやでは、パソコンの使い方がわからない、スマホの使い方がわからない方を対象にした家庭教師をおこなっております。パソコン・インターネットなどのご不明な点やトラブルがありましたら、まずは下記フォーム、電話、メールいずれかの方法でお問い合わせください。