楽天は二段階認証の設定ができません。乗っ取られた場合の被害と解約の仕方とは?

2017年5月6日

楽天は二段階認証の設定ができません。

乗っ取られた場合の被害と解約の仕方についてまとめました。

 

楽天は二段階認証の設定ができない

楽天には二段階認証がありません。昨今の情報流出や乗っ取り被害の拡大により、今や様々なECサイトやSNSにとって二段階認証はマストです。そんな中、楽天には二段階認証がありません。

Amazonや他のECサイトの台頭によりシェアを徐々に落としている楽天ですが、それでもまだ一部客層には多くの支持を得ています。特に主婦層にはまだまだ抜群の人気を誇っています。

そして主婦層といえば、残念ながらネットリテラシーがあまり高くなく、FacebookやLINEの乗っ取り被害が多い層でもあります。そんな主婦層がメインターゲットであるはずの楽天にも関わらず二段階認証が設定できないのです。

 

二段階認証できないとどうなるのか

ずばり、

二段階認証ができないサイトはアカウントを乗っ取られます。

理屈はどうあれ、今はそういう時代なのです。昔のようにパスワードを定期的に変更したり、他のサイトと違うものにすれば安全という時代は終わりました。

「でも、私のアカウントを乗っ取ったところで…」

いいえ、楽天のアカウントを乗っ取られてしまうと非常に甚大な被害にあうのです。

 

楽天が乗っ取られた場合の被害

楽天のアカウントが乗っ取られてしまうとシャレにならないことになります。主に次のような被害が想定されます。

  • 登録してあるクレジットカードで買い物される
  • ポイントが使われる
  • 個人情報(名前、住所、電話番号)が流出する

 

登録してあるクレジットカードで買い物される

これは安易に想像がつきます。楽天でクレジットカードを登録してある場合、楽天での買い物に限って、そのクレジットカードで好きなだけ買い物が可能です。

画面上にはクレジットカードの番号等は表示されませんが、楽天上で買い物する分には問題ありません。限度額いっぱいまで買い物されます。

仮にAmazonであれば、送り先を変更する際に必ずクレジットカードの再登録を求められますが、楽天の場合は登録済みクレジットカードがそのまま使えるのです。二段階認証ができないだけではなく、この仕様もセキュリティーが非常に脆弱的であると言わざるを得ません。

 

ポイントが使われる

クレジットカードの登録がなくても安心できません。保有している楽天ポイントが全て使われてしまいます。

楽天カードを作って、普段の買い物を楽天カードで払うようにして、楽天市場から買い物をして、楽天トラベルでチケットを買って、楽天ブックスで本やCDを買って、サークルKサンクスでせっせと貯めた楽天ポイントがいとも簡単にあっさりと使われてしまいます。

 

個人情報(名前、住所、電話番号)が流出する

そして今1番怖いのがこれです。個人情報の流出です。

個人情報の流出と聞くと、印象的に怖い感じがするとは思います。では、具体的に一体どんな被害に合うのでしょうか?

これは自分で考えてみるとよくわかると思うのですが、実は具体的な被害ってほとんど考えつかないのです。ただなんとなく怖いというだけなのです。ところが、最近ものすごく危険な被害が増えておりまして…。詳しくはこちらを御覧ください。

こちらはWEBコンサルトで有名な永江さんの2017年4月25日付けの記事になります。実は今、あちらこちらでAmazonのアカウントが乗っ取りに合い、尋常じゃない被害が勃発しています。

具体的に言うと、乗っ取られて盗まれた個人情報を使って多数の詐欺出品が行われ、その被害にあった方々からクレームの電話が鳴り止まない。しかもAmazon側からも詐欺出品者として損害賠償を請求されているのです。本当に笑えないです。それもこれも、Amazonで二段階認証の設定をしていなかったことが大きな要因です。

そうつまり、二段階認証の設定ができない楽天でも同じ被害に合う可能性が非常に大きいと言えます。今はまだ楽天ユーザーまでその被害は広まっていませんが時間の問題でしょう。本当にシャレにならないのです。

 

解約の仕方

楽天カードもなく、保有ポイントもなく、特に楽天のサービス使用していないのなら今すぐ解約してしまったほうが賢明でしょう。

楽天の解約手順は以下のようになります。

  1. TOPページ 会員情報の確認・変更
  2. 会員情報管理 登録内容の確認・変更
  3. 楽天会員から退会 退会手続をする
  4. PWを入力し「注意事項を確認しました」にチェックを入れて 次へ
  5. 楽天会員を退会する をクリック

Yahoo!に比べてスムーズに退会できます。

▲クリックで拡大
▲クリックで拡大
▲クリックで拡大
▲クリックで拡大
▲クリックで拡大

 

まとめ

二段階認証の設定ができない楽天は危険である

個人情報が流出すると、詐欺加害者となり莫大な損害賠償を請求される恐れも

解約するしか方法がない

 

楽天に取って代わるサービスはたくさんあります。二段階認証の設定ができない以上、被害に合う前に解約することをおすすめします。

かおるやでしたUo・ェ・oU

最新情報をお届け!

かおるやの最新情報をいち早く手に入れたい方は下記のボタンからいいね!またはフォローをお願いします。

パソコントラブル即解決!

かおるやでは、パソコンが起動しない、インターネットに繋がらない等といった急なトラブルを解決するためにご自宅まで出張訪問でのサポートをしております。愛知県内(一部岐阜県もOK)にお住まいの方は、まずはお気軽にご相談ください