【トラブル解決】Outlook2007でメール受信トレイ中身が表示されない、メールが送信できない等

eye-catchi-outlook-repair

パソコンは精密機械です。精密機械の定義は正直言うと曖昧で、これといった正解はありません。と、Wikipediaに書いてありました。

つまり、何が言いたいのかというと、パソコンは何が起こるかわからない、ということなんです。いつも通り使っていても――おかしなことは何もしていなくても――急に動かなくなったり、不具合を起こしたり、壊れたりします。そんなわけで「どうしてこうなったの?」と聞かれても「わからない」という場面が多々あります。こればっかりはしょうがないんですよ、本当に。

というわけで、今回は「メールが使えなくなった」という問題を解決してきたので、そちらをご紹介したいと思います。

PC:NEC デスクトップ(一体型)型式未確認
OS:Windows7 SP1 32bit
CPU:未確認
メモリ(RAM):未確認
メールソフト:Outlook2007

 

受信トレイに何も表示されない

今回の症状は、受信トレイに何も表示されないというものでした。あ、写真はありません(笑)

Outlookを立ち上げると右下のバーにメッセージ受信中の表示(◯◯◯/◯◯◯通 受信中 みたいな)はありました。なので設定は問題ない模様。壊れているのは受信だけなのか確認するためにテストメールを送信してみるとエラーメッセージが出ました。なんかが壊れてるから

受信トレイ修復ツール

を使え、と。なんじゃそりゃ。

 

受信トレイ修復ツールの使い方

受信トレイ修復ツールはインターネットからダウンロードするのではなく、既にパソコンの中に入っています。なので、インターネットに繋がっていなくてもできます。

まずは、修復するフォルダを確認します。

1.修復するフォルダの場所を確認する

[スタートボタン]→[コントロールパネル]→[ユーザー アカウントと家族のための安全設定]→[メール]と選んでいくと[メール]の窓が表示されます。

outlook-repair1

真ん中の[データファイル]を選択します。

outlook-repair2

「個人用フォルダ」※が選択されてるのを確認した上で、右上の[フォルダを開く]をクリック。そうすると、別窓でフォルダが開きます。

※画像はWindowsVistaです。Windows7の場合は「個人用フォルダ」の前にチェックマークが付いています。

outlook-repair3

開いたフォルダで[Outlook]のファイルが選択されていることを確認(手動で選択しても可)した上で、上のアドレスバーの左のフォルダマークをクリックすると、アドレスバー全体が反転されるので、[Ctrl]+[c]でコピーします。心配であればメモ帳か何かにペーストしておいてもいいでしょう。

ここでコピーしたものを後ほど貼り付けて使います。

outlook-repair4 outlook-repair5

これにて、修復するフォルダの場所の確認が終わりました。続いて、受信トレイの修復ツールを起動させます。

2.受信トレイの修復ツールを起動

受信トレイの修復ツールはパソコン内に最初から入っています。どこにあるかというと

[スタートボタン]→[コンピュータ]→[ローカルディスク(C:)]→[Program Files (x86)]※→[Microsoft Office]→[Office12]※

の順にクリックしていってください。

※[Program Files]の可能性もあります。

※Outlook2010の場合は[Office14]になります。

表示されたウインドウの中に「SCANPST」というファイルがあります。

outlook-repair6

こちらをダブルクリックで実行します。

outlook-repair7

スキャンするファイル名を選ぶ画面が出てきますので[参照]をクリックしましょう。

outlook-repair8

ここで先程コピーしたものを使います。

[スキャンするファイルの選択] の下にある[ファイル名] の欄にカーソルを合わせ右クリックし、[貼り付け] 選択します。もちろん[Ctrl]+[v]でも構いません。ちゃんと貼り付けできるか心配であればメモ帳からコピーし直して貼り付ければオッケーです。

貼り付けができたら[開く]をクリックします。

outlook-repair9

そうすると先程のフォルダが出てきますので、「Outlook」を選択し[開く]をクリックしましょう。

outlook-repair10

「受信トレイ修復ツール画面」に戻りますので、そのまま[開始]ボタンを押します。これでスキャンが始まります。スキャンが無事終わると以下のような画面が出てきます。

outlook-repair11

「修復する前にスキャンしたファイルのバックアップを作成」にチェックを入れたままで、[修復]ボタンを押します。

修復が始まるとデータ量によっては画面が固まってしまうことがありますが、クリックを押したりマウスを動かさずにそのまま待ちましょう。修復が終わると「修復が完了しました」という以下の画面が出ます。

outlook-repair12

これにて修復完了です。「OK」ボタンを押して、Outlookを起動し、無事直っているか確認してください。

※画像は全てマイクロソフト社から拝借いたしました…。

 

これでも直らなかったら…

修復ツールでも直らない場合は、Outlookの再インストール。それでもダメならPCを初期化するしかありません。とはいえ、どうしてもOutlookじゃなきゃダメな理由ってよっぽどないと思うので、それでもダメならWindowsLiveメールやThunderbird等、他のメールソフトを使えば良いと思います。

解決しない場合の代替案。パソコントラブルあるあるでございます。

 

おわりに

冒頭では「何もしていなくても不具合は起きる」と書きましたが、そうは言ってもパソコン不具合の多くは「何かしたから」起こるのです。ただ、ほとんどの方が「何をしたか」を教えてくれません。その理由はと言うと…

  1. 本当に何もしていない
  2. 何をしたか正確に覚えていない
  3. どれがそれに当たるかがわからない
  4. 本当は何かしたけれど、なぜか隠そうとする
  5. 何かしたのは確かだけど、それが「間違ったこと」という認識がないために、「何もしてない」=「自分は悪くない」と思い込んでいる

だいたいこのパターンのどれかですね。1の場合はWindowsの不具合や機械的な故障が原因に挙げられるので、ある意味ではすぐに解決します。(直るとは言ってない)

やっかいなのはそれ以外で、特に5のパターンですね。この場合、なんとか原因を突き止めて直すことができたとしても「私は悪くない」「悪いのはメーカー(もしくはマイクロソフト)」と僕に同調を求めてきます。うっかりそれに頷くと「だから修理代は払わない」なんて事を言い出す人が極々稀にいらっしゃいます。

決してお客様を責めるわけではないですが、せめて働いた分の等価だけは払って頂かないと生活できなくなります(切実)。

もちろん、今回のお客様はばっちり直りましたし、ちゃんとお支払もして頂きました。

僕は本当に良いお客様に恵まれているなぁとしみじみ感じている今日この頃。かおるやでしたUo・ェ・oU

かおるや料金表
<サポート項目><料金><備考>
メールソフト復旧5,000円
メールアカウント設定3,000円
トラブル診断料2,000円
出張料4,000円~対象エリア外は応相談

最新情報をお届け!

かおるやの最新情報をいち早く手に入れたい方は下記のボタンからいいね!またはフォローをお願いします。

パソコン・スマホの悩みご相談ください。

かおるやでは、パソコンの使い方がわからない、スマホの使い方がわからない方を対象にした家庭教師をおこなっております。パソコン・インターネットなどのご不明な点やトラブルがありましたら、まずは下記フォーム、電話、メールいずれかの方法でお問い合わせください。