そもそも本当にコラボ光は安いのかという話

korabohikari

ここのところ立て続けにコラボ光の回線速度について調べてました。

コラボ光の評判を調べてみた ~So-net光編~

コラボ光の評判を調べてみた ~ビッグローブ光編~

コラボ光の評判を調べてみたよ ~OCN光編~

コラボ光の評判を調べてみたよ ~@nifty光編~

コラボ光の評判を調べてみたよ ~excite光編~

まずは大手と呼ばれるものから計5社。次はソフトバンク光かぷらら光か、はたまた最大手のドコモ光に手を出そうかなぁなんて思っております。実はソフトバンク光は前に一度調べようとしたのですが、試しにTwitterでソフトバンク光で検索かければわかるんですけど、もうね、ショップのツイート嵐なのです。スクロールしてもスクロールしても出てくるのはショップの営業ツイート。そんなわけで諦めた過去があるのは内緒です。頑張りますっす。

でもその前に、僕の脳裏に1つ疑問が浮かび上がりました。

そもそもコラボ光って本当に安いのか?

これ、盲点でした。多くの人が既に十分速い(はずの)フレッツ光。わざわざコラボ光へ切り替える(転用する)理由があるとすれば、今より料金が安くなるからだと思うんです。調べた結果だと遅くなってる人多数ですけど理論的には速度変わらないわけじゃないですか。その上、NTTという超安定(元国営)企業が提供するサービスですよ。だとするならば、よっぽど安くならない限り切り替えませんって、奥さん。(悪質な営業で半ば強制的、もしくは気づかぬ内に転用させられてる人を除く)

 

各社の料金一覧

そんなわけで、フレッツ光とコラボ光各社の毎月の料金を調べました。期間限定の割引とか、初月無料とか、そういったまやかしは無視しました。つまり結局のところ毎月いくらなのよという各社じっくり見られたくないところの金額で比較しました。

さぁ、驚け、轟け。

フレッツ光とコラボ光の戸建て料金比較(2016年5月8日調べ)
回線名回線料金ISP料金合計フレッツ光との差額
フレッツ光+OCN3,610円1,100円4,710円
OCN光5,100円5,100円+390円
フレッツ光+BIGLOBE3,610円1,000円4,610円
ビッグローブ光5,180円5,180円+570円
フレッツ光+so-net3,610円1,000円4,610円
so-net光4,700円4,700円+90円
フレッツ光+@nifty3,610円1,000円4,610円
@nifty光5,200円5,200円+590円
フレッツ光+BBexcite3,610円500円4,110円
excite光4,360円4,360円+250円

 

はい、予想通りのオチでした。いや、予想以上のオチかもしれません。まさか全社フレッツ光より高いとは……。ドンキホーテもびっくりするくらい驚愕な結果ですよこれ。

 

解説しよう。

まず、フレッツ光は【西日本エリア】の【戸建て】の料金です。回線使用料には3つの割引サービスがあります(光もっともっと割/Web光もっともっと割/どーんと割)。どれが適用になっていても利用8年目からは3,610円/月になります。

<光もっともっと割>ryoukinnhikaku5

<Web光もっともっと割>ryoukinnhikaku1

<どーんと割>ryoukinnhikaku9

それぞれNTT西日本のホームページから拝借しました。

どの割引サービスが適用になっているかで違うのは7年目までの料金であり、どのみち8年目からは3,610円/月になるようになっています。

これにISP(プロバイダ)料金が加算されます。これは利用するISPによって変わります。表にある通りです。OCNが1番高くて1,100円、BBexciteが1番安くて500円です。

実はISP料金にも割引サービスがあります。初月無料とか何ヶ月目までは●●●円割引とかですが、結局元に戻ってしまうので通常料金での表記にしました。

さらにコラボ光の回線使用料(ISP含む)の割引サービスも無視しました。それこそ最初の2年だけ380円安いって言われたって、それでも尚190円高いビッグローブ光とか何様だよって思ったので、割引適用後の表記にしました。

唯一、so-net光だけ利用期間が長くなればなるほど安くなるという割引サービスだったので、最も安くなる49ヶ月目以降の料金で比較しています。それでも90円高いんだけどね(健闘賞あげます)

また、あくまでフレッツ光から転用するメリットはあるのか?が趣旨なので、新規契約の料金ではなく、転用の場合の料金で比較しています。一部のコラボ光は新規と転用で月々の料金が異なるのです。どことは言いません。

尚、フレッツ光にしても各社コラボ光にしても2年間の最低利用期間があり、3年目からも2年毎に自動更新(フレッツ光は3年毎の自動更新)を前提とした割引は適用にしています。各社共通だったからです(excite光のみ最低利用期間なし、2年縛り割引なしという優良サービスであることは以前も紹介済だけど、あえてもう一度言っておきます。excite光は2年縛りが一切ありません、いつやめても解約料なしです)。

 

コラボ光のメリットとは?

コラボ光はフレッツ光より高かった。ということは、一体どんなメリットがあるのでしょうか?

請求が1本化する?いえ、withフレッツの場合は既にNTTファイナンスからの請求一本化になっています。ほとんどのフレッツユーザーがwithフレッツです。

回線速度も遅くなったっていう声多数でした。ということは…

 

うん、メリットねぇや

 

ここまで調べてきた5社に関しては、あまりメリットがないような気がします…。

固定回線以外に目を向ければ、例えばOCNモバイルONEというMVNO(格安スマホ)とOCN光を使えば、セット割引がありもっと安くなるのですが正直複雑すぎますし、格安スマホの普及率から考えてもマイノリティすぎます。

格安SIMサービスの利用率は11.5%、契約プランは、音声プランが46.7%、データプランが53.3%

MMD研究所では、15歳~69歳の男女35,061人を対象に「2016年3月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施致しました。

■ 格安SIMサービスの利用率は11.5%

■ メインで利用している格安SIMサービス「OCNモバイルONE、楽天モバイル、IIJmio」が上位

ようやく11%ですよ。100人中11人。こんな少数の人だけが得するサービスって一体……。しかも今後この普及率が上がっていって、ドコモなどの大手3社よりも普及するとは思えません。上がっても30%程でしょう。それこそMVNOにも競争があります。みんながみんなOCNモバイルONEではないのです。

 

もちろんコラボ光界の重鎮ことドコモ光を調べてないので、コラボ光が一概に損とは言い切れません。言い切れませんが、他社の弱いこと弱いこと。これではコラボ光が詐欺だと言われても仕方がないのかもしれません。速度は遅くなり、料金も高くなる。電話窓口はいつも混雑していて、繋がったとしてもサービスが始まったばかりで不慣れな対応ばかり。また、どの会社も営業スタイルは詐欺まがいの強制転用トークが氾濫している。こりゃあかんわ。

というわけで、今まで頑張って回線速度を調べてきたけれど、そもそも料金すら安くなんねーじゃんという本末転倒気味な結果になってしまいました。せめて料金くらいは安くして欲しいものです(切実)。

最新情報をお届け!

かおるやの最新情報をいち早く手に入れたい方は下記のボタンからいいね!またはフォローをお願いします。

パソコン・スマホの悩みご相談ください。

かおるやでは、パソコンの使い方がわからない、スマホの使い方がわからない方を対象にした家庭教師をおこなっております。パソコン・インターネットなどのご不明な点やトラブルがありましたら、まずは下記フォーム、電話、メールいずれかの方法でお問い合わせください。