高齢者におすすめなのはイオンモバイルか郵便局の格安スマホか

2017年3月22日

格安スマホを利用する人がどんどん増えています。半年前の数字にはなりますが2016年9月の時点で657.5万回線まで到達しました。これまでの推移から考えると今日現在(2017年3月)では750万回線を超えていると思われます。

独立系MVNO事業者がSIMカードを活用し、独自の料金プランで提供する独自サービス型SIMの回線契約数は、2016年9月末で657.5万回線となった。2015年9月末時点では405.8万回線だったので、1年間で回線数は62.0%増加した。

引用参考元→MM総研:国内MVNO市場規模の推移(2016年9月末)

相変わらずシェアはOCNモバイルとIIJmio(アイアイジェイミオ)、楽天モバイルの三つ巴ではありますが、関西電力系列のmineo(マイネオ)がかなり数字を伸ばしています。

mineoは昨年9月名古屋にも専門ショップがオープンしました。

CMもけっこうやってますね。

 

さて本題。そんな格安スマホの中でも高齢者向けとなるだろうイオンモバイルと郵便局スマホの2つを比較してみようと思います。

 

ガラケーより安くなった格安スマホ

格安スマホを持つ1番の理由は値段です。中でも最近テレビCMをガンガン流してるUQモバイル1,980円とその安さを打ち出しています。

※1,980円で利用できるのはプランS1年間のみ。2年目以降は2,980円。

他にも楽天モバイルがX JAPANのYOSHIKIさんを前面に押し出した若干よくわからないCMを流しています。

楽天モバイルは月額980円~(端末代込み)とさらに安さを打ち出しております。このように格安スマホは大手キャリアと比べて断然に安く利用できるのが売りです。実際にどれくらい安くなるのかというと、大手3キャリア(docomo、au、SoftBank)に比べて半分以下の約4割の利用料金(MM総研:スマートフォン・MVNOの月額利用料とサービス利用実態(2016年12月) より)で済むと言われています。

さらに上記MM総研の調査によると、その大手キャリアのスマホ利用料金はガラケーの2.2倍に値するとのこと。

つまり、表記の仕方が違うのでわかりづらいかもしれませんが、格安スマホの利用料金がガラケーより安くなっているのです。

 

アフターサービスは期待できない?

格安スマホがこれ程までに安くできる理由の1つに挙げられるのは、専門ショップがないことにあります。

※ドコモショップは全国で約2,400店舗(スタッフ数37,000人)

この分が料金に反映されてるわけですが、ショップがないということは大手のようなアフターサービスがないともいえます。購入も、操作方法も、契約プランの見直しも、ほぼ全てインターネットから自分で行うこととなり、若い人ならまだしも高齢者の方ではとてもじゃないけど手におえません。

そういったアフターサービスの部分を個人的に少しだけ期待できると思われるのが、イオンモバイルと郵便局スマホというわけです。

 

イオンモバイルと郵便局スマホの比較

まずざっくりと比較してみました。

クリックで拡大

郵便局スマホは富士通arrowsM03の1種類ですが、イオンモバイルは20種類から選ぶ事ができます。1番安い機種(KYOCERA S301)であれば416円~持つことが可能です。但し、郵便局スマホと同じarrowsM03の場合は1,575円と郵便局より195円高くなります。

料金プランもイオンモバイルは豊富で500MB~50GBまで11種類から選ぶことができます。郵便局スマホは3GBの1プランのみ。イオンモバイルに3GBのプランがないので4GBで比較していますが、それでもイオンモバイルの方が安いです。

但し、高齢者が購入する上で最も重要となる店舗数に圧倒的な差があります。イオンモバイルを扱う店舗は全国で約200足らず。1つの県域で4店舗程しかないことになります。それに比べて郵便局は一部のエリアには限られていますが、約12,500局とイオンの60倍超もあります。

ちなみにどちらもドコモ系格安SIMになるので電波(つながりやすさや速度)に大差はないでしょうね。

 

アフターサービスの差はどうか

アフターサービスはイオンモバイルが充実

店舗数では圧倒的な差を付けられたイオンですが、サービスの質はどうなのか。イオンモバイルは、操作説明等を電話や遠隔操作でしっかりサポートしてくれるサービス(有料)があります。また、画面が割れた時には新品と交換してくれる(有償)端末保証オプションもあります。

イオンスマホ安心パックといって、「イオンスマホ安心保証」「イオンスマホ電話サポート」「イオンスマホセキュリティ」の3サービス合わせて月額850円~というオプションをつけることができるのです(それぞれ単独での契約も可)。

イオンスマホ安心保証では、購入した端末の自然故障はもちろん、水漏れや落下などのトラブルの場合に数千円の負担はあるが新品と交換してくれるというもの。3年間保証が続きます。

イオンスマホ電話サポートでは、電話での操作説明はもちろん、遠隔操作や別途費用は必要になるけれど出張サポートにも対応している。わざわざお店まで足を運ぶ必要はない。もちろんフリーダイヤル年中無休なのも嬉しい。(対応時間:午前9時~午後8時)

イオンスマホセキュリティはウイルス感染を防ぐのはもちろん、使い続けることが溜まる不要なファイルを削除してくれたり、当月のデータ使用量も教えてくれる。

これに加えて、全国約200店舗の窓口では常駐(一部非常駐)スタッフが契約に関するアドバイスを丁寧に行ってくれる。大手のようなサポートは期待できないけれど、そこに誰かいてくれるという安心感は大きいだろう。相談内容によってはサポートデスクと連携をとって対応もしてくれる場合もあるので「ちょっと話を聞いてほしい」という時にとても役に立ちそうだ。

 

郵便局はどうでしょうか。全国12,500局の窓口で斡旋販売の対応をしてくれるわけではあるけれど、購入した後は……NOです。特に何もしてくれない。

もちろん窓口で無下に扱われることはないですが、1から10まで丁寧に対応してくれるかと言えばそうではない。あくまで斡旋販売の形式を取っている以上、アフターサービスは実際の販売元であるIIJ(インターネットイニシアティブ)の業務となるわけだ。

では、IIJのアフターサービスはどうなっているのか。購入した端末についてはイオンモバイルと同じような保証がある。「端末保証オプション」月額380円だ。画面割れや水没などで端末が壊れてしまった場合に5,000円(2回目は8,000円)で新品と交換してくれる。

セキュリティに関してはウイルスバスターのモバイル版を月額250円で提供している。まぁ下手な自社製よりかはよっぽど安心でしょう。

電話サポートはどうでしょう。これは一般的な電話窓口しか設置しておらず、また通話はナビダイヤルとなるため通話料は全てお客様負担(22.5秒毎におよそ10円)。ただし問題なのはそんなことではなく電話サポートの内容です。

IIJの電話サポートでは操作方法を教えてもらうことはできません。先程確認の電話をいれたら「操作方法は端末メーカーに聞いてくれ」とはっきり言われました。確かにごもっともではあるけれど、なんとも悲しい結果ではあります。インターネットに接続できない等の内容であれば対応することはできると言われましたが、まぁ基本的にメーカーに投げられるんだろうなぁと安易に察しが付きますね。

※メール、チャットによる問い合わせも可。公式Twitterも。

※土曜日17時頃に電話した時はオペレーターにつながるまで約3分かかった。この手の窓口としては早い方かと。

 

イオンモバイルに軍配か?無料貸出も始まった!

ガラケーを使ってる高齢者にとって気になる料金やサービス面からすると、どうやらイオンモバイルに軍配があがりそう。実際に使ってみたわけではないので絶対と言い切れるわけではないですが、上記に述べた内容から考えるとそうなりますよね。

そうは言っても色々と不安もあるでしょうから、気になることがあれば直接店舗へ行くか、電話で聞いてみてください。

イオンモバイル取扱い店舗一覧はこちら。

イオンモバイルお客様センター:0120-025-260 (年中無休 10:30~19:30)

IIJサポートセンター:0570-094-400 (年中無休 9:00~19:00)

 

イオンモバイルは1週間の無料貸出サービスも始めたみたいですね。

 

おわりに

僕個人的にはOCNモバイルONEが1番おすすめです。だって長年携帯シェア№1のNTTドコモと同じNTTの子会社で、日本のインターネット創世記からずっと通信業界の先頭を走る、いわば通信のスペシャリストですよ。たとえ会社が有名だとしても、餅は餅屋にまかせておくのが無難だと思うんですよね。

確かに大手と比べれば格安スマホは格段に安くなります。でも同じ格安スマホ同士であれば大きな差はありません。その差を一生懸命血眼になって比較検討したところで、せいぜい100円や200円くらいの差しかありません。その100円200円をケチる節約するくらいなら、毎日飲んでる缶コーヒーをやめた方がよっぽど経済的です。

どうせ大手キャリアから変えるんだから安くはなるんです。気にするポイントはそこじゃなくて、なるたけ変わらない品質、使い勝手、サービス面ではないでしょうか?個人差はあるけれど、どこだったら安心できるかなぁって考えたら、やっぱりOCNだと思うんでよねぇ。

とは言え考え方は人それぞれ。納得のいく格安スマホを選んでください。かおるやでしたUo・ェ・oU

 

月額972円(税込)からのLTE「OCN モバイル ONE」【NTTコミュニケーションズ】

満足度1位はniftyだそうです(オリコン調べ)。

最新情報をお届け!

かおるやの最新情報をいち早く手に入れたい方は下記のボタンからいいね!またはフォローをお願いします。

パソコントラブル即解決!

かおるやでは、パソコンが起動しない、インターネットに繋がらない等といった急なトラブルを解決するためにご自宅まで出張訪問でのサポートをしております。愛知県内(一部岐阜県もOK)にお住まいの方は、まずはお気軽にご相談ください