大手3社が出揃ったところで大容量プランを比較してみたら全部一緒だったけど…

eyecatch-20gb30gb-hikaku

やっぱり3社とも足並みを揃えるのですね。これって談合とかではないのかしら。

ギガモンスター、スーパーデジラ、ウルトラパック。ネーミングセンスは横並び(個人的にはスーパーデジラが1番ダサくて好きです)。さて、ちょっとは違いがあるのかな。調べてみたいと思います。

エントリー直後にdocomoのウルトラパックの内容に間違いを発見したので追記・修正しました。(2016年9月18日追記・修正)

 

データ量と料金比較

結論から言ってしまうとデータ量と金額は全て一緒です。全くもって横並び。なんの面白みのないラインナップ。どんぐりの背比べどころか全く一緒です。

 20GBプラン30GBプラン
SoftBank6,000円8,000円
au6,000円8,000円
docomo6,000円8,000円

なんてこったい/(^o^)\

 

何か違いはないのかい?

とは言えきっと各社何らかの違いはあるはずだ。わざわざiPhone7発売前に合わせて、また、各社注力している固定回線(光回線)の契約が取りづらくなるような大胆なプランを始めるくらいだ。きっと何かあるはずだ。

というわけで、3社の仕様を細かく見ていると、なんとなく違いが見えてくる。

キーとなるワードは、テザリングデータの繰り越しデータのシェア。この辺りだろう。

 

テザリング

大容量プラン発表とともに脳裏をよぎったのがまずこれ、テザリング。20GBも使えるなら家の固定回線(光回線)いらなくなるじゃんテザリングでいいじゃん。そんな風に思った方もたくさんいるんじゃないですか。予想通り各社有料にしてきました※。その上で期間限定で無料にするという「なんだかなぁ」という施策です。

※SoftBankは元々有料で月額500円でした。

 テザリング使用料無料期間申込
SoftBank1,000円2017年4月末迄必要
au1,000円2017年4月末迄必要
docomo1,000円2018年3月末迄
(2016年9月18日追記・修正)
不要

実はdocomoだけ無料期間が1ヶ月短いのです。1番後出しだったのに。たかだか1ヶ月短いくらいで影響――MNPでの流出――はないだろうって思ったのかなぁ。まぁないだろうけど。

正しくは1年長い!でした…。けちとか言ってすみません。むしろ太っ腹でした。後出しじゃんけんしただけありました。docomoが1番良心的です。(2016年9月18日追記・修正)

そしてテザリングを使用するための申込がdocomoだけ不要です。むしろSoftBankとauはテザリングを使用するために申込が必要です。面倒ですけどショップへ行ってください。もちろん各社HPから手続きも可能です。

 

データ繰り越し

次に気になったのはデータの繰り越しですね。これももちろん各社揃って可能でした。余ったデータ容量を翌月末まで繰り越せます。

ただし、繰り越せる単位が違うのです!

 繰り越し可能データ量繰り越し単位
SoftBank余った分全部100MB
au余った分全部1B
docomo余った分全部1GB

最も優れているauは1B単位で繰り越し可能。それに対して酷いのがdocomo。なんと1GB単位でしか繰り越しができません。999MB余ってたとしても繰り越しは0!まじか。ちなみにSoftBankは100MB単位なのでまだ良いでしょう。

この事実は知りませんでした。docomoって凄くケチだ。

 

データのシェア

最後の注目ポイントはデータのシェアです。今まで20GBや30GBといえば、ファミリー向けのプランでした。1人で組む人はあまりいなかったと思います。ファミリーでもせいぜい15GBくらいでしたからね。

docomoやSoftBankから出てる20GBプランの月額が16,000円でしたから、1/3程の料金で使えるようになるわけです。

というわけで、さすがに各社シェアはできませんでした。残念。

でも、実はdocomoだけシェア用の大容量プランを用意していたのです!

docomo料金ずっとドコモ割(4年以上)ずっとドコモ割(8年以上)ずっとドコモ割(10年以上)ずっとドコモ割(15年以上)
ウルトラデータLパック(20GB)6,000円-100円-200円-600円-800円
ウルトラデータLLパック(30GB)8,000円-200円-400円-600円-800円
ウルトラシェアパック50(50GB)16,000円-800円-1,000円-1,200円-1,800円
ウルトラシェアパック100(100GB)25,000円-1,000円-1,200円-1,800円-2,500円

しかも利用年数に応じて割引されるずっとドコモ割も適用なので、料金的には1番お得に使えることが判明!

はたして50GBも使う家族がいるのかどうかはわかりませんが、そもそもこのプランがあるのはdocomoだけです。

 

まとめ

データ量と料金は3社とも全く一緒(利用年数が4年以上であればドコモだけ割引あり)

テザリングは毎月1,000円必要になるが、4月末(docomoは2018年3月末)迄無料になっている(2016年9月18日追記・修正)

3社とも余ったデータの繰り越しが可能だが、データ量の単位が違う

家族でシェアできるのはdocomoだけ(50GBか100GBプランに限る)

 

MNPで他社へ移る程の違いはやっぱりありませんでした。明日iPhone7が発売となりますが他社への流出はあまりなさそうですね。強いて言えばライバルは格安SIMでしょうか。

本当に安いですからね。

その辺りもまた書いていきたいと思います。かおるやでしたUo・ェ・oU

 

最新情報をお届け!

かおるやの最新情報をいち早く手に入れたい方は下記のボタンからいいね!またはフォローをお願いします。

パソコン・スマホの悩みご相談ください。

かおるやでは、パソコンの使い方がわからない、スマホの使い方がわからない方を対象にした家庭教師をおこなっております。パソコン・インターネットなどのご不明な点やトラブルがありましたら、まずは下記フォーム、電話、メールいずれかの方法でお問い合わせください。